ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

1974年に映画化された傑作犯罪小説を、デンゼル・ワシントン&ジョン・トラボルタ主演で再度映画化 「サブウェイ123 激突 」 ラストシーン

 

f:id:lastseen1013:20090918162202j:plain

 

1974年に映画化された傑作犯罪小説を、デンゼル・ワシントン&ジョン・トラボルタ主演で再度映画化 「サブウェイ123 激突 」 ラストシーン

 

 

あらすじ

 

午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバーは、ペラム発1時23分の電車「ペラム123号」が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ライダーと名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくる。無線を通じて彼らと粘り強い交渉を続け、人質の解放と事件解決を図る。

 

 

f:id:lastseen1013:20131018215801j:plain

 

ラスト

ニューヨーク地下鉄運行指令室のガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の列車が緊急停車しているのに気づく。しかも止まっていたのは、切り離された1車両だけだった。

 

ライダーは人質の解放の条件として、59分以内に1000万ドルの身代金を用意するよう要求する。しかも、身代金を用意するのはニューヨーク市長(ジェームズ・ガンドルフィーニ)、交渉相手にはガーバーを指名する。地下鉄のことを熟知しているガーバーは、犯人が逃げ切ることは不可能だと確信する。しかしライダーは、圧倒的な自信で要求を重ねていく。

 

胸騒ぎを覚えたガーバーは、無線で列車にコンタクトを取り、ライダーと名乗る男(ジョン・トラヴォルタ)が応答した。ライダーは車両に乗っていた19人を人質として、地下鉄をジャックしていたのだった。

ライダーは投資会社社長であった。だが、莫大な損失を出したことで市長に告発され、逮捕されていた。その復讐に、ニューヨーク市の地下鉄でテロ行為を行ったのだった。

さらに、テロ行為で株価を大暴落させ、代わりに上がった金 (ゴールド) 相場で利益を得ようと企んでいたのだった。

 

ガーバーはライダーへ現金受け渡しに行く際、電車に乗せられた。そこで行動を一緒に共にさせられるが、一瞬の隙をついて逃げ出す。逆にガーバーはライダーを追跡し、ライダーを射殺。ガーバーは無事に自宅への帰路についたのだった。

 

サブウェイ123 激突 コレクターズエディション [DVD]

サブウェイ123 激突 コレクターズエディション [DVD]

 

 

 

サブウェイ123 激突 [Blu-ray]

サブウェイ123 激突 [Blu-ray]