ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

雪平夏見、最後の事件 「アンフェア the movie」  ラストシーン

  雪平夏見、最後の事件 「アンフェア the movie」

 

 

f:id:lastseen1013:20131018001501j:plain

あらすじ

 

警視庁公安部総務課の警部補・雪平夏見(篠原涼子)は、警察内部の不正が書かれているという極秘文書を追っていた。  ある朝、雪平の娘・美央(向井地美音)を乗せた車が爆発炎上。吹き飛ばされて倒れた娘を警察病院に搬送し、雪平は病院を後にする。そんな雪平とすれ違いざまに病院に入ってきた不審な集団が散弾銃を発砲。警察病院がテロリストに占拠された!要求は、「警察庁が不正流用した80億円を2時間以内に用意せよ」というもの。裏金の存在を明らかにしたくない警察と、テロリストのリーダーの緻密に仕組まれた頭脳戦が始まる。そんな中、雪平は娘の美央を救うため、ひとり病院内へ潜入する!

 

 

 

f:id:lastseen1013:20070330190319j:plain

 ラスト

愛する美央の命を救うため、雪平は密かに病院に潜入する。

 

そこで彼女が見たのは、テロリストの正体が全滅したはずのSAT隊員たちだったという事実だ。リーダーの後藤(椎名桔平)は警察内部の不正を暴こうとして逆に罪を着せられたという過去を持っている男で、警察に復讐しようとしていたのだ。後藤は、不正の黒幕・入江が支払いを拒否するとあっさり人質を射殺してしまった。そして病院内にある強力な細菌兵器を都内全域に流すと脅迫した。一方、公安部の斉木陣管理官(江口洋介)は、雪平を助けるために院内に潜入していた。合流した二人は何とか細菌兵器の蔓延を防ぐことに成功、既に細菌に犯されている美央を救う血清を手に入れることもできた。しかし結局斉木こそが全てを仕組んでいたことを知る雪平。斉木もまたかつて警察の不正を暴こうとして婚約者を殺されていたのだ。警察部隊の突入により後藤は射殺され、事態は一旦収拾したかのように見えた。しかし後日、雪平と決着をつけようとした斉木が、何ものかに狙撃され命を落としてしまう。斉木のやり方を許すことの出来なかった雪平だが、更にその上を行く権力の悪に改めて闘志を燃やすのだった。

 

アンフェア the movie [DVD]

アンフェア the movie [DVD]

 

 

 

アンフェア the movie Blu-ray

アンフェア the movie Blu-ray