ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

ありきたりのスリルやアクションを潔く締め出した迫真のスパイ映画 「裏切りのサーカス」 ラストシーン

 

f:id:lastseen1013:20120209033602j:plain

 

あらすじ

東西冷戦下、英国情報局秘密情報部MI6とソ連国家保安委員会KGBは熾烈な情報戦を繰り広げていた。そんな中、英国諜報部<サーカス>のリーダー、コントロール(ジョン・ハート)は、組織幹部の中に長年にわたり潜り込んでいるソ連の二重スパイ<もぐら>の存在の情報を掴む。ハンガリーの将軍が<もぐら>の名前と引き換えに亡命を要求。コントロールは独断で、工作員ジム・プリドー(マーク・ストロング)をブダペストに送り込むが、ジムが撃たれて作戦は失敗に終わる。責任を問われたコントロールは長年の右腕だった老スパイ、ジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)と共に組織を去ることとなる。直後にコントロールは謎の死を遂げ、引退したスマイリーのもとに<もぐら>を捜し出せという新たな命が下る。標的は組織幹部である“ティンカー”ことパーシー・アレリン(トビ―・ジョーンズ)、“テイラー”ことビル・ヘイドン(コリン・ファース)、“ソルジャー”ことロイ・ブランド(キアラン・ハインズ)、“プアマン”ことトビー・エスタヘイス(デヴィッド・デンシック)の4人。過去の記憶を遡り、証言を集め、容疑者を洗いあげていくスマイリー。浮かび上がるソ連の深部情報ソース<ウィッチクラフト>、そしてかつての宿敵・ソ連のスパイ、カーラの影。やがてスマイリーが見い出す意外な裏切り者の正体とは……。

 

 

f:id:lastseen1013:20131019114244p:plain

 

ラスト

 

情報漏洩はあきらかだった。実戦部隊の責任者だったジム・プリドー(マーク・ストロング)は謀略に気づいて立ち去ろうとしたが遅く、背中に被弾する。命拾いしたプリドーは拷問を受けながらの事情聴取のあとイギリスに送り返される。とくに条件もない異例のはからいだった。

帰国したプリドーはサーカスでの審問のあと諜報機関とは縁切りになり、小学校の先生となる。

いっぽうサーカス内部ではジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン)が特命を受けてMI6に潜行した二重スパイ「もぐら」探しの作戦がはじまった。特定された結果はサーカスのロンドン本部長ビル・ヘイドン(コリン・ファース)だった。

そこでジム・プリドーがイギリスに送り返された理由が浮かび上がる。

ビル・ヘイドンとジム・プリドーは「愛人関係」にあるらしい。ジム・プリドーを操るKGBのカーラはその事情を知っていて、ヘイドンの長年のスパイ活動に酬いるためにジム・プリドーを帰国させたというわけだ。

もちろんプリドーはヘイドンが「もぐら」であるのは知らなかった。彼にすれば作戦失敗で被弾したのは「愛人」がモスクワに情報を漏らした結果であり、ビル・ヘイドンは自分をKGBに売った張本人なのだ。

ビル・ヘイドンはサーカスの囚われの身となり、そのヘイドンをジム・プリドーが射殺して映画は終わる。

 

 

裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [DVD]

裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [DVD]

 

 

 

裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]

裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]