読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

それは時空を超えたラブソング「超時空要塞マクロス」 ラストシーン


超時空要塞マクロス~愛・おぼえていますか~ Hybrid Pack PV - YouTube 

f:id:lastseen1013:20131020224151j:plain

 

あらすじ

 

1982年から放映され、爆発的人気を呼んだTVアニメ「超時空要塞マクロス」のストーリーを劇場用に再構成、映像もすべて新しく描きおこされた。映画の主題歌『愛・おぼえていますか』も大ヒットしている。

2009年、地球は異星人ゼントラーディとの交戦状態に陥った。避難民5万8000人を乗せ、それ自体が宇宙都市ともいえる巨大宇宙戦艦マクロスは、太陽系外縁から地球へ帰還すべく旅を続けていた。そんなある日、艦内に敵が侵入、若き戦闘機パイロット一条輝は、襲われていた民間人の女性を危機一髪のところで救出する。なんと彼女は、人気歌手のリン・ミンメイだった。この救出劇を機に、2人は親しくなっていくのだが……。

f:id:lastseen1013:20130418181652j:plain

 

ラスト

 

ゼントラーディ軍の第一波攻撃によって、遺跡の街はあとかたもなく消滅する。デフォールド直後でまだ戦闘態勢の整っていないメルトランディ軍の先手を制したボドルザーは、巨大なゴルグガンツ砲を発射してメルトランディ軍の艦隊司令ラプラミズを撃沈する。

ゼントラーディ軍とメルトランディ軍が激しく戦っているなか、輝はマクロス市街地のなかをミンメイの姿をさがして走っていた。
土星へ飛びだした日、輝とともに過ごした展望台にミンメイはいた。輝は未沙のつくった歌詞カードをさしだしながら、ミンメイにプロトカルチャーの歌を歌ってほしいと頼む。はじめミンメイは拒絶し、失意の反動から「あなたとわたし以外、みんな死んじゃえばいいのに!」と身勝手な言葉を口にして輝に頬を打たれる。みずからも苦しみながらミンメイを打った輝の言葉を聞きながら、ミンメイはすべての人のために歌を歌うというみずからの使命をさとる。

 

 

 

f:id:lastseen1013:20131020231758j:plain

 

マクロスは、ミンメイの歌う「愛・おぼえていますか」を全戦闘宙域に発信させながら、ボドルザーとの決戦にのぞんだ(リン・ミンメイ作戦)。歌を聴いた異星の兵士たちは驚いて浮き足だち、一時的に戦闘不能に陥る。

「愛・おぼえていますか」を耳にしながら、どこかで聴いたことのある不思議な感覚をおぼえて慄然としたブリタイ7018に、エキセドル4970は、50万年のときを越えて遺伝子提供者であるプロトカルチャー人の文化の記憶が呼びさまされているのだと分析する。
ブリタイ7018は自分自身に呼びさまされた文化(人の心)に打たれ開眼し、マクロス側に造反することを決意。ふたたび文化をとりもどそうと語るブリタイ7018の呼びかけに多くのゼントラーディ軍、メルトランディ軍の兵士たちが同調し、一丸となってボドル旗艦に侵攻してゆく。

 

マクロスは船体ごとボドル旗艦に突っこみ(マクロス・アタック)、ボドルザーのいる中枢部ちかくまで到達する。輝は中枢部破壊の特殊任務をうけ、単身バルキリーを駆って突撃し、ボドルザーの顔面に全弾を射出してついにボドルザーをうち倒す。全戦域に勝利の歓声がわきあがった(第一次星間大戦の終結)。

戦いがすんで、ミンメイはマクロス・ブリッジ前の特設ステージ上から歌詞カードを高くかかげ、未沙に無言の感謝をおくる。未沙は笑顔でこたえた。

静かな笑みをうかべながら、ミンメイは歌のカウントをとりつづけていた。真の歌手としてめざめたミンメイは、これ以後、大スターの道をひとり歩んでゆく。

 

愛・おぼえていますか

愛・おぼえていますか

  • 飯島真理
  • Anime
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

超時空要塞マクロス Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)

超時空要塞マクロス Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)

 

 

 

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~ Hybrid Pack ハイブリッドパック (初回限定版「30周年アニバーサリーボックス」)