ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

愛も、法も、嘘がすき。 「リーガルハイ」 ラストシーン

f:id:lastseen1013:20131023223116j:plain

 

あらすじ

 

弁護士の黛(新垣結衣)は、殺人容疑で起訴された坪倉(中村蒼)の裁判を担当するが、一審で敗訴。無実を信じる黛は引き続き控訴審を担当することを希望するが、所長の三木(生瀬勝久)は許してくれない。坪倉を見捨てることができない黛は、三木の秘書・沢地(小池栄子)から古美門(堺雅人)の存在を教えられる。三木の元部下の古美門は、人格は最低だが、訴訟では無敗神話を誇っているという。黛はわらにもすがる思いで古美門を訪ねる。。

 

f:id:lastseen1013:20131023223310p:plain

 

 

 ラスト

 

前回の南モンブラン市の仙羽科学の有害訴訟問題で、有利な情報を得るために

古美門研介は、 黛真知子を ”がん”と偽って、仙羽科学の技術者、八木沼佳奈(田畑智子)に
こちらに有利な社内極秘文書を提出させた。

もちろん黛も古美門にだまされてしまった。黛は、自分がだまされたことより、
八木沼佳奈をだます手伝いを、知らないうちにさせられていたとわかり・・・

勝つためなら手段をいとわない古美門のやり方に、とうとう堪忍袋の緒が切れた黛は、
古美門のもとを去り、次に会うときは法廷で、しかも自分が古美門を
倒すと宣言して、出て行った。

 

古美門(堺雅人)のもとを去った黛(新垣結衣)が、1年ぶりに古美門法律事務所を訪れる。1年ぶりの再会に花を用意し、黛を歓迎する古美門。以前とは異なり、口調も穏やかに黛と世間話をする。
 黛は現在、黛法律事務所を立ち上げ、個人で仕事をしているという。今回、古美門のもとを訪ねたのは、彼女が準備している訴訟を共にやらないかという相談のためだった。

 

黛は公害訴訟で世話になった「仙羽化学」の社員・佳奈(田畑智子)の依頼を受けたという。佳奈は裁判後、ライバル会社に引き抜かれたが、飼い殺しの末に解雇された。実は「仙羽化学」の社長・池部(神保悟志)とライバル会社の社長・石神(東幹久)は大学の先輩後輩の関係で、裏切り者の佳奈を処分するわなにはめられたようだ。黛は両社を訴えると意気込むが、古美門に協力を拒まれた上、被告代理人となった古美門と争うことに。

 

裁判当日仙羽化学の代理人である三木長一郎(生瀬勝久)らと対峙する黛
緊迫感みなぎるなか開廷間際に原告側のドアから入廷してくる古美門
一緒に戦ってくれるものと信じて
笑顔を見せる黛

しかし、古美門は黛を素通りし被告側へと歩を進め三木の隣に立ち
フロンティアケミカルラボの代理人だと宣言する…

結局、裁判では薫と佳奈は敗れ佳奈はタイの企業から誘われていると言い

新たな一歩を歩み始めた

 

一方、薫は借金返済のメドが立たないため再び

古美門で働くことになるのだった

 

 

リーガル・ハイ Blu-ray BOX

リーガル・ハイ Blu-ray BOX

 

 

 

リーガル・ハイ DVD-BOX

リーガル・ハイ DVD-BOX