読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

生きる。 「岳」 ラストシーン

 

f:id:lastseen1013:20101223073637j:plain

 

あらすじ

雄大な北アルプス山系。そこには、誰よりも山を愛する男・島崎三歩(小栗旬)がいた。世界中の巨峰を登り歩いてきた三歩は、山岳救助ボランティアとして登山者たちの命を守っている。彼は、山のように大きな包容力を持ち、仮に要救助者が死んでしまっていても「よく、頑張った」と労わりの言葉をかける男である。そんな三歩の暮らす山に、北部警察署山岳救助隊に配属されたばかりの椎名久美(長澤まさみ)がやってくる。久美は、同じ山岳救助隊の隊長・野田正人(佐々木蔵之介)や三歩の指導の下、過酷な訓練を乗り越え新人女性隊員として確実に成長していく。だが、実際の救助では自分の未熟さや大自然の脅威により、遭難者の命を救うことが出来ない日々が続く。打ちひしがれ自信を無くす久美。そんな折、猛吹雪の雪山で多重遭難が発生。仲間と共に救助に向かった久美を待ち受けていたのは、想像を絶する雪山の脅威だった……。

 

ラスト

山頂近くの連絡箱から3パーティが入山し、2パーティは救出に成功した。だが、爆弾低気圧が発生し、父娘(光石研、中越典子)が遭難したままであることが明らかになる。猛吹雪の中で、久美は2人とも救出することを選び、上司の命に背いて2人とともに残ることを決める。

 

本部でこの連絡を聞いた三歩は、再び山に向う。その中で、雪崩に巻き込まれ、脚を負傷する。しかし、懸命に久美の元へと向かう三歩。

一方、久美たちはクレバスに流されていた。父親は、足を氷にはさまれ身動きが取れず、久美は父親の足首を切断して救出する。しかし、久美の体力では遭難者を背負って、氷壁をよじ登るのは不可能であり、いつしか久美も遭難していた。

f:id:lastseen1013:20131029221643j:plain


諦めかけた三歩が見つけたのが、赤いマフラーだった。そのマフラーは、三歩が山で拾って久美に渡していたものだった。一気にクレバスを駆け下り、心肺停止状態の久美を発見する。心肺蘇生法を行い、蘇生した久美ふたりを背負って、三歩はクレバスをよじ登る。

2人を救出した三歩は、その後、再び山に登っていた。そこには、以前、彼が救出した青年の姿があった。

 

 

岳 (1) (ビッグコミックス)

岳 (1) (ビッグコミックス)

 

 

 

岳 -ガク- DVD通常版

岳 -ガク- DVD通常版