読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

歴史を揺るがした、究極のスナイパー対決「スターリングラード」 ラストシーン

 

f:id:lastseen1013:20131102212103j:plain

 

あらすじ

 

1942年9月、ナチス・ドイツの猛攻にさらされてきたスターリングラードは陥落寸前。凄まじい銃撃戦を生き延びた青年ヴァシリ・ザイツェフ(ジュード・ロウ)は、羊飼いの家で射撃を仕込まれた名手だった。そんな彼は共産党の青年将校ダニロフ(ジョセフ・ファインズ)と親しくなり、兵士の士気を高めるため英雄を求めていた友の要請で、スナイパーとしての任務を始める。次々とドイツ人士官を倒すヴァシリの活躍を、ダニロフは、発行する機関紙を通して大々的に報じていく。ヴァシリの勇名はソ連中に広まり、彼は国民的英雄となった。その活躍でソ連軍の士気はやや盛り返したが、彼の暗殺を目的にドイツ軍きっての狙撃の名手ケーニッヒ少佐(エド・ハリス)が送り込まれてからは、再び暗雲がたれ込めるようになる。またヴァシリとダニロフも、2人が共に愛するレジスタンスの女兵士ターニャ(レイチェル・ワイズ)をめぐり、友情に亀裂が入るようになった。そんな中、11月、スターリングラードで凄惨な激戦の火蓋が切って落とされる。ヴァシリは苦悩しながら敵を倒し、ドイツ軍が撤退するまで戦場を生き抜いていくのだった。

 

f:id:lastseen1013:20131102212143j:plain

ラスト

 

ケーニッヒ少佐に殺されたサーシャの姿を目撃し、ヴァシリは少佐を倒すことを誓う

ターニャはダニロフトとともにサーシャの母を訪ね、息子が祖国を裏切りドイツへ亡命したと偽る。一同はスターリングラードから非難しようとするが、途中ターニャが爆撃により重態となる

ヴァシリが潜んでいる場所にダニロフが現れる。これまでヴァシリを利用していたことを詫び、友のために自ら敵の標的となる
シュートする少佐
彼の死により、敵の居所をつかんだヴァシリ

持久戦

痺れを切らし隠所から出る少佐
気づいたときは既に遅し、背後に銃を構えたヴァシリがいた
戦に勝ち、敵の銃を友の亡骸にささげる

2ヵ月後
手紙を頼りに、救護所を訪れるヴァシリ。看護師はそんな患者はいないと告げるが、彼は信じない。ふと視線を移すと、のベットの一つに横たわるはターニャ。微笑みながら見詰め合う二人

ヴァシリは戦争の英雄とされ、その銃はスターリングラードの戦争博物館に飾られている

f:id:lastseen1013:20131102212212j:plain

 

スターリングラード [Blu-ray]

スターリングラード [Blu-ray]

 

 

 

スターリングラード [DVD]

スターリングラード [DVD]