読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

証人はただ一人、落ち武者の幽霊「ステキな金縛り」 結末

 

f:id:lastseen1013:20131109194846j:plain

あらすじ

エミ(深津絵里)は失敗続きで後がない三流弁護士。彼女が新しく担当になったのは、とある殺人事件。被告人は無実を主張。完璧なアリバイがあるという。なんと事件当夜、旅館の一室で金縛りにあっていたというのだ。無実を証明できるのは一晩中彼の上にのしかかっていた落ち武者の幽霊だけ。エミはその幽霊、六兵衛(西田敏行)に会い、彼を証人として法廷に召喚する。しかしこの六兵衛の姿は、すべての人に見えるわけではなかった。しかもエミの前には、一切の超常現象を信じない敏腕カタブツ検事、小佐野(中井貴一)が立ちはだかり……。人生のどん詰まりに立たされたダメダメ弁護士と、421年前に無念の死を遂げた落ち武者の間に生まれた奇妙な友情。果たして彼らは、真実を導き出す事ができるのか……?

f:id:lastseen1013:20131109194901j:plain

 

 

ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]

ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]

 

 

ラスト

更科六兵衛が視える人間と、視えない人間には、3つの条件を満たしているかどうかであった。
1、 仕事/プライベートが最近うまく行ってない。
2、 最近、死を身近に感じることがあった。
3、 シナモンを好んで摂取している(霊的に敏感になる作用がある、とされている)。

この条件をみたした人が見えることがわかり、六兵衛に、検事・小佐野が死別した愛犬のラブを連れてきてもらい、小佐野に会わせることで小佐野に六兵衛さんを証人として認めさせることに成功した。
 
法定で、六兵衛を尋問する小佐野。彼は、「六兵衛は北条氏の家臣でありながら豊臣に内通していた罪で打ち首になった。そんな人物の証言を信じることなどできない」と主張。六兵衛は裏切ってなどおらず、冤罪で打ち首になり、今回は冤罪をかけられた同じ境遇の矢部五郎を救うべく証人になることを決意したのだが、あらゆる歴史書には裏切っていたから処刑されたと記載されていたため、六兵衛の証言は認められない、とされてしまう。

エミたちは六兵衛に頼み殺された鈴子の霊を連れてきてくれるように頼むが、見つけることができない。さらにそこに段田譲治(小日向文世)なる向こう側の人物が六兵衛を連れ去ってしまう。

ボス・速水悠も急死し、追い詰められたエミだったが、「鈴子の霊がいなかったのはまだ死んでいないからだ。死んだのは姉の日野風子で、鈴子は入れ替わって風子になりすましているのだ(注:鈴子は、姉の旦那と浮気をしていた)」と推察した。瀕死のボス・速水に頼み、亡くなった段田に風子の霊を連れてきてもらうことになった。

裁判は、鈴子らの企みが明らかとなり、矢部五郎は無罪となる。六兵衛は、亡くなったエミの父親を連れてきたが、仕事が上手くいったため、条件を満たさないエミは、亡くなった父親を視ることができない。裁判でのように、ハーモニカを吹いてもらうことで、父親と対話することができたのだった。

エミは弁護士を続けながら、俳優志望の彼・工藤万亀夫と結婚し、妊娠したのだった。その傍らには、常に写真に六兵衛たちが写り込んでいた。

f:id:lastseen1013:20131109194927j:plain

 

ステキな金縛り Blu-rayスタンダード・エディション

ステキな金縛り Blu-rayスタンダード・エディション