ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

レイバー犯罪史上、空前の<悲劇>の幕が開く「WXIII 機動警察パトレイバー」 結末

 

f:id:lastseen1013:20131222215626j:plain

解説

メディアミックスの先駆けとして、コミック、TVアニメ、OVA、劇場版等、幅広い展開を見せた「機動警察パトレイバー」の劇場版第3弾。当初OVAの企画として進行していたが、脚本の準備稿が製作サイドに高く評価され劇場版に。

f:id:lastseen1013:20131222215719j:plain

 

あらすじ

昭和75年のある日、梅雨空を切り裂いて東京湾に輸送機が墜落した。一方、東京湾岸開発計画「バビロン・プロジェクト」が進む湾岸地区では、シャフト社製の作業用レイバーが次々と破壊されるという不可解な事件が起きていた。所轄の城南署では事件・事故の両面から捜査を続けていたが、手かがりはつかめずにいた。城南署の若手刑事・秦と相棒のベテラン刑事久住2人も捜査にあたっていた・・。

 

WXIII 機動警察パトレイバー [Blu-ray]

WXIII 機動警察パトレイバー [Blu-ray]

 

 

結末

 

捜査にあたった警視庁城南署の刑事・秦と久住は、備蓄基地で人間を喰い殺す巨大な怪物に遭遇する。

f:id:lastseen1013:20100308122628j:plain

残された肉片から、怪物がニシワキセルと言う、隕石に含まれていた物質・ニシワキトロフィンの研究中に培養された細胞体と、人の癌細胞の融合体であることが判明。

f:id:lastseen1013:20060904111205j:plain

更に、それが米軍と自衛隊の依頼を受けて東都生物医学研究所が開発した生物兵器で、レイバーが起動中に発する超音波に反応し襲撃したことや、しかもその生物兵器の研究に携わっていたのが、秦が捜査の過程で知り合い秘かな想いを寄せるようになっていた岬冴子と言う研究員で、彼女はその研究に幼くして亡くした娘・一美の癌細胞を使っていたことなどが次々と明らかになっていく。そんな中、怪物壊滅作戦が発令されイングラム出動が決まった。壮絶な戦いの末、怪物を退治することに成功するイングラム。だが、冴子も怪物の後を追うように自ら命を落としてしまう。数日後、冴子の墓に詣でる秦。同じ頃、自衛隊の圧力によって隠蔽された筈の事件は、内部告発者によって公のものとなっていた。

f:id:lastseen1013:20131222220101j:plain