ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

シロか、クロか「ジェネラル・ルージュの凱旋」 結末

 

f:id:lastseen1013:20131223213627j:plain

 

解説

「チーム・バチスタの栄光」に続く海堂尊原作の同名小説を映画化。東城大学医学部付属病院に勤務する田口は、救命救急センター部長で“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名を取る速水に収賄の疑惑ありとの匿名の告発文書を受け取る。院長の依頼を受け、疑惑の真相を巡る調査に乗り出す田口だったが……。前作に続き、主演は竹内結子と阿部寛、監督は中村義洋。物語のキーとなる速水医師に「クライマーズ・ハイ」の堺雅人。

 

ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋

 

 

 

あらすじ

“チーム・バチスタ事件”を解決に導いた(と思われている)東城大学付属病院の窓際医師・不定愁訴外来の田口公子(竹内結子)は、院内における諸問題を扱う倫理委員会の委員長に図らずも任命された。ある日、そんな彼女の元に一通の告発文書が届く。その内容は「救命救急の速水晃一センター長(堺雅人)は医療メーカーと癒着しており、花房看護師長(羽田美智子)は共犯だ」というものだった。速水は“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名を持つ男で、切れ者だが冷淡で非情な彼にはよからぬ噂も多かった。

f:id:lastseen1013:20131223213757j:plain

速水が主張するドクターヘリの導入も、それが何かしら彼の利益になるからだという者もいるくらいだ。そんな中、告発された医療メーカーの支店長・磯辺が院内で自殺。田口はまたもや高階院長(國村隼)から、病院内を密かに探るように命を受ける。そこに骨折をした厚生労働省の切れ者役人・白鳥圭輔(阿部寛)が運び込まれ、二人は嬉しくもない再会を果たした。

f:id:lastseen1013:20131223213646j:plain

実は白鳥の元にも、田口に届いたものと同様の告発文が届いていたのだ。「磯辺は自殺ではなく殺人だ。そして速水は告発通り収賄をしている」と口走る白鳥の言葉に田口は首を捻りながら、凸凹コンビの珍妙な捜査が始まった……。

 

ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]

ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]

 

 

結末



速水と死亡した磯部に何らかの関係があったらしいことが判明。
調査により磯部が速水に紙袋を渡していたことが分かる。
磯部の死は本当に事故なのか?
この死にも何やらきな臭いものを嗅ぎ付ける田口。

速水と対立する沼田の音頭で速水に対する査問会が行われることに。

あっさりと磯部との関係を認める速水。

f:id:lastseen1013:20131223213727j:plain


速水は自身が磯部から受け取った現金を私欲では無くすべて救命救急の器材費用に充てていたことを告白。
本来、ドクターヘリを導入する条件で働いていた速水だったが要望はいつまでたっても実現されなかった。
しかも、予算の範疇からでは満足な器材も用意できない。
以前の大事故で受け入れ患者数を制限するとの苦渋を飲んだ速水は、二度とあの思いを繰り返さないために器材をストックしていたのだ。
磯部も無医村の生まれであり、救命救急の重要性を知った上で協力していたと言う。

f:id:lastseen1013:20131223213659j:plain


証拠が無いと責める沼田に領収書をファイルしていた看護師長が抵抗。
速水がすべてを器材に充てていたことを立証する。
速水が個人的に受け取ったものといえば好物のチュッパチャプスくらいだった。

しかも、田口の手に渡った「看護師長も共犯」と書かれた告発文は、速水が何者かに告発されることを知った看護師長が田口の出馬を促すと共に速水だけでなく自身も裁くべく送付したものだった。
批難に曝される看護師長。

そんな看護師長を庇う人物が居た。
他ならぬ速水である。
速水は辞表を叩きつけると、今回の告発騒動の本当の主が自身であることを明かす。
白鳥の手に渡った告発文は速水が沼田に送ったものだったのだ。
沼田はこれ幸いと入手した告発文を自身の手を汚さずに済むよう白鳥に送りつけたのだ。
速水の当初の狙いは、沼田に自分を告発させることで沼田自身の裏を暴くつもりだった。
驚く沼田に田口が追い打ちをかける。

磯部から渡されたソフトボール大会の様子をまとめたDVDの中に音声ファイルが入っていたことを明らかにする田口。
そこには沼田と事務長が新規に進める事業の内容と共に邪魔になる速水を排斥しようとする密談が録音されていた。
どうも、磯部が盗聴していたらしい。

事態は急変。
どよめく査問会場だったが、ここで大型スーパーでの大規模火災が発生。

速水らは患者を受け入れる為に準備にかかる。
毒気を抜かれた査問会はなし崩しで解散。

f:id:lastseen1013:20131223213757j:plain


屋上で側近・小峰と二人休憩する沼田。
ここで沼田は磯部殺害犯を知ることに―――犯人は小峰だった。
事務長と結び速水の排除を目論む沼田は、磯部の前でついつい重要機密について話をしてしまう。
速水から内偵を依頼されていた磯部はそれを電卓型盗聴器に録音した。
しかし、小峰に嗅ぎ付けられ屋上で追い詰められた上で殺害されたのだ。
すべては小峰の忠誠心から起きた出来事だと言う。

沼田は側近・小峰の犯罪に怖れ慄くが小峰は平然としたもの。
やがて沼田の様子に不審を感じた小峰は通報しようとした沼田に襲いかかる。

そこへ小峰が磯部から奪い所持していた電卓型盗聴器を通じてすべてを聞いていた白鳥が登場。
彼が連れた警備員により小峰は取り押さえられることに。
こうして殺人事件は解決した。

その頃、事故の患者が次々と搬送されて院内はてんやわんやに。
事務長は自身の妻子も被害にあったと知り混乱。
だが、田口や他の患者の声に自身のあるべき姿を知り、一致団結して事に当たる。

速水は看護師長からルージュを渡される。
それは過去の「ジェネラル・ルージュ」の再現。
過去、大事故に采配を振るった速水だったが若輩の身に多くの命がかかったことで血の気を失い蒼白としていた。
そこへ見かねた看護師長がせめて口元だけでもと差しだしたのがルージュだったのである。
それを使い奮起した速水は事態を打開し「ジェネラル・ルージュ」として知られることになった。
そして、今回もまた……。

次々と運び込まれる患者に適切な手当てを施していく救命救急チーム。
速水の深慮遠謀は功を奏し、この日の為のストック済み機材も大活躍する。

事が終わり、速水の素早い処置により犠牲者の拡大を防ぐことに成功する。
幸い事務長の妻子は怪我も軽く、一安心。
病院は一息つくことに。

後日、田口は院長と謀り速水の辞表を受理しないよう運ぶ。
代わりに速水の私的流用であるチュッパチャプス代を全額返済するとの口実で、北方病院での勤務を命ずることに。
苦笑いしてそれに応ずる速水。

f:id:lastseen1013:20131223213746j:plain


結果、速水は病院を去るが、その傍らには常に速水を支えた看護師長の姿もあった。
二人はパートナーとして手を取り合い去っていく―――。

同じ頃、速水が望んで止まなかったドクターヘリが導入される。
第1号の患者は……先日退院した筈の白鳥。
快復を確かめるための登山中、以前とは別の足を骨折して運び込まれたらしい。
呆れ顔の一同の前を喚き散らす白鳥が運ばれていく