読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

ハラゴシラエして歩くのだ。「かもめ食堂」 結末

 

f:id:lastseen1013:20131225212244j:plain

解説

群ようこが本作のために書き下ろした小説を、『バーバー吉野』の荻上直子監督が映画化した人間讃歌。凛としたたたずまいの中に優しさをのぞかせる食堂の店主役には、テレビドラマ「やっぱり猫が好き!」などで活躍する小林聡美。共演は『過去のない男』のマルック・ペルトラや片桐はいり、『ALWAYS 三丁目の夕日』のもたいまさこ。この個性的な面々がフィンランドの首都ヘルシンキを舞台に、のんびりゆったりとした交流を繰り広げていく様子を見るだけで幸せな気分になれる。

 

かもめ食堂 (幻冬舎文庫)

かもめ食堂 (幻冬舎文庫)

 

 

 

あらすじ

 フィンランドのヘルシンキに“かもめ食堂”という小さな食堂をオープンした日本人女性サチエ。シンプルな“おにぎり”を看板メニューに、フィンランドの人にも日本食のおいしさを伝えたいと張り切るが、やって来たお客は日本のアニメが好きなおたく青年だけ。それでもめげずに淡々と営業を続けるサチエは、やがて訳ありな2人の日本人女性と出会うのだった。

f:id:lastseen1013:20060703195541j:plain

結末

夏のある日、ヘルシンキの街角に「かもめ食堂」という小さな食堂がオープンした。店主は日本人女性のサチエ(小林聡美)。献立はシンプルで美味しいものを、と考えるサチエは、メインメニューをおにぎりにした。しかし、客はなかなかやってこない。それでもサチエは毎日食器をぴかぴかに磨き、夕方になるとプールで泳ぎ、家に帰ると食事を作る。サチエは、毎日真面目にやっていれば、いつかお客さんはやってくると思っていた。そんなある日、ついに初めてのお客さんの青年トンミ(ヤルッコ・ニエミ)がやってきた。その日の夕方、サチエは書店のカフェで、難しい顔をして『ムーミン谷の夏まつり』を読んでいる日本人女性ミドリ(片桐はいり)に声をかける。フィンランドは初めてというミドリの話に何かを感じたサチエは、自分の家に泊まるようすすめる。そして、ミドリはかもめ食堂を手伝い始める。ある日、サチエがひとりで店番をしているかもめ食堂に、ひとりの中年男(マルック・ペルトラ)がふらりと入ってきた。訳ありげな佇まいの男は、美味しいコーヒーを入れるコツをサチエに伝授すると、またふらりと出て行く。そんな頃、またひとり、訳ありげな女性、マサコ(もたいまさこ)がヘルシンキのヴァンター空港に降り立った。スーツケースが運ばれてこないために、毎日空港へ確認に行かなければいけないマサコもまた、かもめ食堂を手伝うようになる。

はじめは一ヶ月以上もお客さんの入らなかったサチエの "かもめ食堂" であったが、ミドリと共に焼いたシナモンロールをきっかけに徐々に客が入り始める。

f:id:lastseen1013:20131225212639p:plain

そんなときマサコが空港で紛失したカバンが見つかる。「お別れの知らせね」と語るマサコは2人にお辞儀し、店を去っていった。その数時間後、再びマサコはお店へと戻ってくる。どうやらカバンの中身が違っていたらしい。「またお世話になります」と告げたマサコに対して2人は笑顔で迎えた。そして "いらっしゃいませ" の言い方について3人は語り出す。マサコの言い方は丁寧過ぎてミドリの言い方は雑過ぎるらしい。マサコもミドリも絶賛するのはサチエの "いらっしゃいませ" 。言ってみて!と注文する2人に、照れるからと断るサチエ。そこへお店のドアが開き常連のトンミが「こんにちは」と入ってきた。振り返る3人、そしてサチエがトンミに向かって最高のかたちで「いらっしゃいませ」と言った。。

f:id:lastseen1013:20131225212443j:plain

 

かもめ食堂[Blu-ray]

かもめ食堂[Blu-ray]