読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

この空に願う、未来「永遠の0」 結末

 

f:id:lastseen1013:20131225232424p:plain

解説

百田尚樹の同名ベストセラー小説を岡田准一主演で映画化したヒューマンドラマ。現代に生きる青年が、太平洋戦争の特攻出撃で亡くなった零戦パイロットの祖父のことを調べるうちに、祖母への思いを知るようになっていく姿がつづられる。桑田佳祐が新曲を書き下ろし、サザンオールスターズとしては23年ぶりに映画主題歌を担当する。

 

永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

 

 

 

あらすじ

2004年。佐伯健太郎(三浦春馬)司法試験に落ち失意の日々を過ごしていた。祖母・松乃が他界し葬儀に参列するが、そこで祖父・賢一郎(夏八木勲)とは血がつながっていないことを知る。血縁上の祖父は、松乃の最初の夫で、太平洋戦争時に零戦パイロットとして出撃、終戦間近に特攻隊員となり散った宮部久蔵(岡田准一)という人物だった。健太郎は久蔵がどんな人物だったか調べようと、彼のかつての戦友を訪ねてまわる。しかしその先々で、海軍一の臆病者といった手厳しい評判を聞く。類まれなる操縦センスを持ちあわせながらも、敵の駆逐よりも生還を第一に考えていた。それは、久蔵が妻・松乃(井上真央)と娘・清子とかわした、家族の元に生きて戻るという約束があったためだった。それならなぜ久蔵は特攻の道を選んだのか。やがて久蔵の最期を知る人物に行き着き、健太郎は久蔵の懸命な思いを知る……。

f:id:lastseen1013:20131225232804j:plain

結末

宮部久蔵は、「娘に会うまで絶対に死なない」という妻との約束を果たすために、臆病者と言われても自分の命を大切にしてきました。

そんな久蔵は、特攻隊のパイロットの教官という立場になります。特攻隊として死なせるための訓練や教育をしていくうちに、自分だけが助かっていいのかという罪悪感や後悔の気持ちを抱き始めました

 

そして、久蔵は自分だけが生き延びるわけにはいかないと考えるようになり、特攻隊へ志願します。
特攻隊として出撃する日の朝、久蔵は自分の最新の零戦と部下の旧式の零戦を無理やり交換します。

 

特攻により、久蔵は命を落としますが、部下はエンジン不良により帰還しました。久蔵はエンジンの不良を見抜いており、部下の命を救うために、出撃前に零戦を交換したのでした。

f:id:lastseen1013:20131225232822j:plain