ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

ヘビトンボの季節に逝ってしまった5人姉妹。「ヴァージン・スーサイズ」 結末

f:id:lastseen1013:20131231223924j:plain

解説

繊細でかつ危うさを秘めた思春期の少女達の揺れ動く心情を、巨匠F・F・コッポラの娘にしてこれが監督デビュー作のソフィア・コッポラが瑞々しいタッチで描いたドラマ。

 

ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹 (ハヤカワepi文庫)

ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹 (ハヤカワepi文庫)

 

 

 

あらすじ

1970年代のミシガン州が舞台。リスボン家にはテレーズ、メアリー、ボニー、ラックス、セシリアという美しい5人姉妹がおり、近隣の少年たちの憧れの的であった。しかしある日、末っ子のセシリアが手首を切ってしまう。手首を切った理由を聞かれ「死にたかったわけではない。自分を消したかった。」と話すセシリア。一命をとりとめたセシリアだったが、家に戻ってから数日もしないうちに、2階から身を投げて外の柵に刺さり、死んでしまう。

結末

物語は遠巻きに事件を眺めていた少年たちのナレーションの回想とインタビューという形式ですすめられていく


1970年代のミシガン州。
教師を父に持つ13歳~17歳までの美しい5人姉妹。

02


主人公である14歳のラックスの恋愛模様。
いわゆるプレイボーイな“トリップ”のアプローチに
最初は興味がなさそうにしながらも徐々に惹かれていく。

04_2 


厳格な両親に許しを請い、初めてパーティーに参加する姉妹たち。
そこで初めて結ばれたトリップとラックスですが、なんとトリップは
ラックスを手に入れた途端に冷め、帰宅してしまう。

両親との約束を破り朝帰りをしたラックス。
罰として、なんと姉妹4人ともが外出禁止をくらいます・・・
しかも学校にも行かせてもらえないという異常ぶり。

06_3


そんな中、姉妹4人が自殺をして幕を閉じる-。

彼女たちは世界中の光を集めたように輝いていて、僕らはその光に触れようと、必死で手を伸ばしたけれど、彼女たちはあざ笑うかのように指をすりぬけてしまう。あれから25年が経った。僕らだけが大人になり、彼女たちは今も僕らの記憶の中で、相変わらず輝き続けている…