読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

わたしは正しいのか?「ミュンヘン」 結末

 

f:id:lastseen1013:20140111222402j:plain

解説

スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、事件に関わった人々のコメントや、史実に基づいて映画化した衝撃の問題作。主演に『トロイ』のエリック・バナや6代目のボンド役を務めるダニエル・クレイグら実力派俳優が名を連ねるほか、製作陣にはピューリツァー賞やオスカー受賞者などが顔を揃え、作品の質を高めている。国家への忠誠心や家族への愛を描きつつ、世界平和の真意を問うストーリー展開が見事。

 

ミュンヘン―オリンピック・テロ事件の黒幕を追え (ハヤカワ文庫NF)

ミュンヘン―オリンピック・テロ事件の黒幕を追え (ハヤカワ文庫NF)

  • 作者: マイケル,バーゾウハー,アイタンハーバー,Michael Bar‐Zohar,Eitan Haber,横山啓明
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 文庫
  • クリック: 26回
  • この商品を含むブログ (46件) を見る
 

 

 

あらすじ

 

1972年9月5日、ミュンヘンオリンピックの開催中、パレスチナの過激派組織「黒い九月」のメンバー8名が、オリンピック村のイスラエル選手団宿舎に侵入、抵抗した選手ら2人を殺害し、残る9人を人質に取る。イスラエル側はテロリストの犯行とみなし、復讐を計画する。暗殺チームのリーダーに任命されたアヴナー(エリック・バナ)は、11人の標的を次々に消していくが……。

f:id:lastseen1013:20140111222509j:plain

結末

黒い九月」のメンバーはイスラエルに収監されているパレスチナ人の解放を要求。解決は西ドイツ警察に任されることになったが、テロリストとの銃撃戦の結果、イスラエル選手団9名が殺害され、人質11人全員死亡という悲劇的な結果に終ってしまう。

この事件に対し、イスラエル政府は報復を決意。テロの首謀者とされる11名のパレスチナ人の暗殺を計画する。イスラエルの首相ゴルダ・メイア臨席のもと、アヴナーは実行部隊のリーダーとして、モサッド上官エフライヒムから「神の怒り作戦」の説明を受ける。

f:id:lastseen1013:20140111222501j:plain

f:id:lastseen1013:20140111222437j:plain

実行部隊のメンバーは、南アフリカ出身の自動車のスペシャリスト・スティーブ、爆弾製造を担当するロバート、現場の「掃除」係である年長者のカール、文書偽造の専門家のハンスである。暗殺のターゲットの多くは、ヨーロッパで活動するPLOの幹部や協力者であり、イスラエル政府とは関係ないがごとき行動が強く要求された。彼らはフランス人のルイという男に接触、情報を得て作戦を進めてゆく。

f:id:lastseen1013:20140111222430j:plain

第一の作戦の標的は、アラファト議長のいとこで、ローマで翻訳家として活動しているワエル・ズワイテルだった。待ち伏せし小口径の拳銃で射殺する。

第二の作戦の標的は、PLOパリ代表部幹部のハムシャリで、電話に仕掛けた爆弾での殺害を計画、ハムシャリの娘を誤爆しそうになるものの、殺害に成功する。

f:id:lastseen1013:20140111222411j:plain

第三の作戦の舞台は、キプロスのホテルで実行され、滞在しているPLO幹部の部屋のベッドに爆弾を仕掛けるが、爆薬の量が多過ぎ、無関係の宿泊客も巻き込んでしまう。

f:id:lastseen1013:20140111222417j:plain

第四の作戦は、レバノンのベイルートで行われ、PLOと黒い九月のメンバーが宿泊していたアパートをイスラエル軍の部隊とともに襲撃。PLOのスポークスマンであったカマル・ナセルも含め標的3人は殺害される。

第五の作戦は、ギリシアのアテネで行われた。あらかじめ手配されていた宿の一室で、アブナーのチームはPLOメンバーと名乗る男と出くわし、パレスチナ人としての立場、すなわちイスラエル勢力に母国を奪われてきた境遇を直に聞くこととなる。アテネでの作戦では、標的抹殺には成功するものの、現場にいたソ連のKGBエージェントも銃撃してしまう。

次の標的は、ミュンヘン・オリンピック事件の最大の黒幕とされる「サラメ」であった。彼をロンドンで発見するものの、作戦着手寸前で酔っ払いに妨害される。ルイの情報では、アメリカのCIAの関係者が、サラメと裏取引をしており、作戦を妨害している可能性があった。

ある晩、ついにカールが女殺し屋に殺害される事件が起こる。

f:id:lastseen1013:20140111222454j:plain

まもなくハンスも殺害され、いつの間にか狙う立場から狙われる立場になったアヴナーは恐怖に怯え始める。皮肉にもチームを離れたロバートは、自ら作った爆弾の誤爆により命を失う。そんな中、アブナー達のチームも一人、また一人と暗殺されてゆき、彼らは次第に追いつめられていく。

f:id:lastseen1013:20140111222423j:plain

やがて標的を7人殺害した時点で、アヴナーは任務を解かれて妻子の待つニューヨークへ戻る。

だが暗殺の記憶の苦しみや、誰かに追われる恐怖を抱えながら生きていくのだった・・

f:id:lastseen1013:20140111222446j:plain