読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

星の屑満ちる時、ガンダム再び宇宙へ――。「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」 結末

f:id:lastseen1013:20140204003256j:plain

解説

一年戦争終結から3年後の宇宙世紀0083年を舞台にした、Zガンダムまでの設定上の空白期間を埋めるサイドストーリーである。「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」に続くOVA第二弾であり、富野由悠季の手を離れたガンダムアニメ作品としても2作目となる。派生作品では最もよく知られる作品であり、モビルスーツ・登場人物ともに人気が高い。また、総集編としてまとめられた「機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光」が劇場公開された。

 

あらすじ

ジオンと地球連邦の1年戦争が終結して3年。突如としてデラーズ・フリートと名乗る組織が地球連邦に宣戦布告してきた。目的はジオンの復興、そして連邦の滅亡だ。彼らは星の屑作戦を敢行するため、モビルスーツのテストパイロット、コウ・ウラキの目の前で、ガンダムの試作機を奪取する。

f:id:lastseen1013:20140204002508j:plain

結末

一年戦争が終結して3年、地球連邦軍再建計画に基づきガンダム開発計画が提唱され、その試作機であるガンダム試作1号機、ガンダム試作2号機が性能テストのためにオーストラリアのトリントン基地に搬入される。しかし、エギーユ・デラーズ率いるジオン軍の残党「デラーズ・フリート」がこの情報をつかんでおり、極秘作戦「星の屑作戦」を実行に移すべく、核兵器を搭載したガンダム試作2号機を強奪せんと基地を襲撃する。

f:id:lastseen1013:20140204002644j:plain

かつて「ソロモンの悪夢」と呼ばれたジオン軍エースパイロット、アナベル・ガトは、基地の混乱に乗じて速やかにガンダム試作2号機を強奪。だが、脱出を図る2号機の前に、連邦軍新米テストパイロット、コウ・ウラキが乗り込んだガンダム試作1号機が立ちはだかる。

f:id:lastseen1013:20140204002651j:plain

しかし、歴戦の戦士であるガトーにコウはあっさりとあしらわれ「まだ未熟」と屈辱的な言葉を投げかけられる。かくして2号機は朝靄の彼方に消え去り、コウを含むテストパイロット達は、ガンダムを搬入したペガサス級強襲揚陸艦「アルビオン」の乗組員に任命され、試作1号機のデータ収集、および2号機の追撃・奪還任務に就く。

f:id:lastseen1013:20140204002659j:plain

補充隊員としてやってきた「不死身の第4小隊」のベルナルド・モンシアとの衝突、砂漠でジオン残党を率いるノイエン・ビッターとの戦い、月面で再起を期してヴァル・ヴァロを整備していたケリィ・レズナーとの出会いと決闘、そして上官のサウス・バニングの死など、様々な事件やライバルとの戦いを経て、コウは戦士として少しずつ成長していき、ガンダム開発計画のエンジニア、ニナ・パープルトンとも心を通わせる。

f:id:lastseen1013:20140204002705j:plain

やがて、試作2号機の攻撃目標が、コンペイ島(旧ソロモン)宙域にて開催される、地球連邦軍艦隊による観艦式の式場であることが判明する。コウは試作1号機フルバーニアンで追撃するが時すでに遅く、彼の目の前で艦隊の大半が核攻撃で消滅した。怒りに燃えるコウとガトーの一騎打ちの末、1号機と2号機は相打ちとなり爆発。アルビオンはその任務を果たせぬまま紛争は集結し、事態は終息するかに思えた。

f:id:lastseen1013:20140204002719j:plain

だが、ガトーらの真の狙いは、移送中のスペースコロニーの1基を奪って地球に落下させるコロニー落としにあった。アルビオン隊は、アナハイム・エレクトロニクス社がドック艦ラビアンローズでテストを行っていたガンダム試作3号機を強引に受領し、連邦軍上層部の命令に逆らって作戦阻止に動く。その影ではシーマ・ガラハウが暗躍し、デラーズの身柄を手土産に連邦への寝返りを画策していた。

f:id:lastseen1013:20140204002725j:plain

さらにコウは、かつてニナがガトーの恋人であったという事実を知ってしまう。連邦軍の腐敗、ニナの過去、めまぐるしく変化する状況に翻弄させられたコウは、やり場のない怒りとともに、真っ直ぐにジオンの理想に殉じようとするガトーとの最終決戦に挑む。

f:id:lastseen1013:20140204002732j:plain

 コロニー落下を阻止するため、アルビオンのシナプス艦長はガンダム三号機の受領を決意。アナハイム・エレクトロニクスの浮きドック、ラビアンローズへと向かう。しかしニナは、コウがガンダム三号機に搭乗することに反対していた。


 ラビアンローズにドッキングすると、ナカッハ・ナカト少佐の指揮する中隊の管理下におかれ、アルビオンはデラーズフリート追撃の任を解かれてしまう。ラビアンローズに上陸を許可されたのも、艦長とニナ、コウの3人に限られた。そんな中、ガンダム三号機開発者のルセット・オデビーは何とかコウを三号機に乗せようと、夜、コウの個室を訪れる。

f:id:lastseen1013:20140204002737j:plain

月に落下すると思われていたコロニーは、推進剤に点火されて進路を変え、地球へと向かっていることが明らかになった。ガンダム三号機に搭乗したコウ・ウラキはコロニー落下阻止に向かう。コロニーの地上落着までは14時間、しかし阻止限界点までは9時間に迫っていた。デラーズフリートのザクやドムがコウに襲いかかってくるが、次々に迎撃。しかし敵モビルスーツが一斉に後退を始めると、コウの前にはノイエ・ジールに乗ったガトー少佐が現れる。再び死闘を繰り広げる二人。どちらの機体もIフィールドを装備しており、ビームを跳ね返してしまうため、決定機を作れずにいた。武器が底をついたコウに、アルビオンから補給を受けるよう通達が入り、コウはアルビオンへ帰投する。

f:id:lastseen1013:20140204002744j:plain


 その頃、デラーズの元にシーマ・ガラハウが現れた。そして「予想外のことは起こるもの」と、含みのある言葉を残してその場を立ち去る。

アルビオンのシナプス艦長のもとに、連邦軍のバスク・オムから、デラーズを裏切ったシーマ艦隊とともに、ソーラシステムを守れという命令が下る。落下するコロニーをソーラシステムで照射して破壊するというのだ。コロニーはコウらの奮闘も虚しく、阻止限界点を超えていた。ソーラシステムのミラーの前で激しい攻防戦がくり広げられるなか、ガトー少佐はコントロール艦を発見してこれを破壊。ソーラシステムの照射は途中で途切れ、コロニーは破壊されないままミラーを突き抜けて落下を続けてしまう。ノイエ・ジールを駆ったガトーはコロニーへ向かい、ジャブローに向けて最終の軌道修正を行おうとした。ニナもまた、コアファイターでアルビオンから飛び出し、コロニーへと向かっていた。

f:id:lastseen1013:20140204002754j:plain

目論見を外され激昂するシーマを撃墜し、コロニー内部に進入するコウ。そこでコウはガトーを撃ち、ニナはガトーを庇った。コウの制止を振り切り、ガトーとともに消えるニナ。コウはひとり残され立ち尽くす。しかし、ガトーはニナを拒み、決着をつけるためにコウを待った。ふたりの戦いはソーラ・システムⅡによって阻まれ、ガトーはコウの前から姿を消す。連邦追撃艦隊に最後の突撃をかけるガトー。彼の命が消えゆくのを、ニナは見届けることしかできなかった――。

f:id:lastseen1013:20140204003100j:plain

戦いの後、コウはオークリー基地に立っていた。そこには、愛する者との再会を心から喜ぶニナの姿があった。