ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

宇宙世紀0093 君はいま、終局の涙を見る…「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」 結末

 

f:id:lastseen1013:20140205000712j:plain

解説

TVシリーズ第三作「機動戦士ガンダムZZ」の続編で、第一期ガンダムシリーズ完結編。第一作目の「機動戦士ガンダム」から続いていたアムロとシャアの確執についに決着がつく。

 

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [Blu-ray]

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [Blu-ray]

 

 

 

あらすじ

宇宙世紀0093年。先のグリプス戦役以降消息不明だった、元ジオン公国軍エース・パイロットで、ジオン共和国創始者ジオン・ズム・ダイクンの息子であるシャア・アズナブル(キャスバル・レム・ダイクン)は、幾多の戦いを経ても旧態依然として地球から宇宙移民を統制し続ける地球連邦政府に対し、ネオ・ジオンを率いて反乱の狼煙を上げる。

f:id:lastseen1013:20140205000813j:plain

シャアは地球の重力に縛られ自己中心的な支配を続ける人類を粛正するために、地上に隕石を落下させることで地球を居住不能な星にするための作戦を展開。その暴挙を阻止するためにブライトやアムロが所属する地球連邦軍のロンド・ベル隊が出撃するも、小惑星5thルナの落下を止めることはできなかった。

f:id:lastseen1013:20140205000547j:plain

シャアは次の作戦に向け、かつてのネオ・ジオンの本拠地であったアクシズの奪還とルナツーに貯蔵された核ミサイルの奪取を目論む。そして、作戦遂行に向けた見せかけの和平交渉のために、地球連邦政府との交渉の場となるサイド1のコロニー、ロンデニオンへと向かうのだった。

一方アムロも、自身が開発に参加したνガンダム

f:id:lastseen1013:20140205000624j:plain

をアナハイムの工場で受け取り、その後和平交渉が行われるロンデニオンに到着していた。ロンデニオンで連邦政府参事官の娘クェスと、ブライトの息子であるハサウェイに出会ったアムロは、コロニー内での休養中に、偶然にも和平交渉を終えたシャアと遭遇してしまう。

f:id:lastseen1013:20140205000831j:plain

そして、シャアの言葉に動かされたクエスは、彼と共にアムロのもとを去っていくのだった。

f:id:lastseen1013:20140205000638j:plain

シャアは、ロンデニオンで連邦政府と交わした和平交渉を利用し、武装解除に見せかけたルナツーへの攻撃と、アクシズを強奪する作戦を実行。ネオ・ジオン艦隊は、ルナツーへ壊滅的な打撃を与え核兵器の奪取に成功し、さらにシャア自身もアクシズを守る部隊を殲滅。目的どおり、核兵器とアクシズを手中に収めた。

第2の隕石としてアクシズを地球へ落とそうとするシャア。それを阻止すべく行動を開始するアムロとブライトが率いるロンドベル隊。

地球の命運をかけて、二人のニュータイプ同士による最後の戦いが幕を開ける!

結末

アムロの恋人チェーン・アギ

f:id:lastseen1013:20140205000836p:plain

f:id:lastseen1013:20140205000647j:plain

のミサイルがクェスをとらえたが、ハサウェイはクェスを愛する余りチェーンを攻撃した。凄絶な戦いの末、アムロはシャアを敗り、ブライト・ノアらはアクシズを爆破し二つに割ったが、その一つはまだ地球に向かって進んでいる。

f:id:lastseen1013:20140205000821j:plain

f:id:lastseen1013:20140205000552j:plain

アムロはνガンダムのパワーで抑えようとするが、止めることができない。そこへいくつも

f:id:lastseen1013:20140205000605j:plain

f:id:lastseen1013:20140205000611j:plain

のモビル・スーツが取りついたがやはりどうにもならなかった。

 

しかし、奇跡は起った。サイコフレームの共振により、アクシズの軌道がそれ始めたのだ。地球はアクシズの脅威から逃れることができた。

 

f:id:lastseen1013:20140205000601j:plain

アクシズからサイコフレームが飛び出し
サイコフレームに先導され、光の帯が広がった。
世界中の動植物がその光景を見つめていた。


ハサウェイはジェガンのコックピットから身を乗り出し、その光景を見つめていた。
どこかの原野で、ミライとチェーミンはタイヤを交換していた
二人は手をとめその光景を眺めた。
岩山を登りつつクリスチーナ一行はその光景に目を向けた。

そして、光の帯に包まれた地球があった。
帯には、二つの閃光が帯の周辺を飛び回っていた・・・。

f:id:lastseen1013:20140205000557j:plain