ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

人間か!?マシーンか!?「ロボコップ」 あらすじと結末

f:id:lastseen1013:20140302031536j:plain

解説

殉職した警官が“ロボコップ”として甦り、コングロマリットと熾烈な戦いを展開するというSF・アクション・アドベンチャー。製作はアーン・シュミット、監督はこれが日本初公開作品となるポール・ヴァーホーヴェン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・デイヴィソン、脚本はエドワード・ニューマイヤーとマイケル・マイナー、撮影はジョスト・ヴァカノ、音楽はバジル・ポールドゥリス、編集はフランク・J・ユリオスト、ロボコップ・デザイン&クリエイトはロブ・ボーティンが担当。出演はピーター・ウェラー、ナンシー・アレンほか。



あらすじ

近未来のデトロイト。犯罪の多発するこの地域では、警察の経営が民間の巨大企業オムニ社に委ねられていた。ある日、オムニ社は凶悪な犯罪を激減させるため、重装備の大型警察ロボットを開発。これは失敗に終わるも、サイボーグ警官ロボコップの製造計画に着手する。そんな中、地元警官のマーフィは女性警官ルイスとコンビを組み、クラレンスら強盗一味を追跡していた。だが、逆に一味に取り囲まれ、惨殺されてしまうマーフィ。しかし、彼の遺体はオムニ社へ回収され、やがてロボコップとなって復活する…。

ロボコップ/ディレクターズ・カット [Blu-ray]

ロボコップ/ディレクターズ・カット [Blu-ray]

結末



近未来のデトロイト。
市街は犯罪が蔓延し、人員不足で激務を課せられた警察
官は、ストライキ寸前の状態だった。

そのストライキを批判する、西署のウォーレン・リード巡査
部長(ロバート・ドキー)の元に、アレックス・マーフィ(ピータ
ー・ウェラー)が南署から配属され、アン・ルイス(ナンシー・
アレン)とコンビを組む。
f:id:lastseen1013:20140302031630j:plain
f:id:lastseen1013:20140302031739j:plain
警察の運営は民間企業オムニ社が請け負っていたのだが、
犯罪一掃をめざす、オムニ社会長(ダニエル・オハリヒー)が
召集した会議中に、副社長のリチャード・ジョーンズ(ロニー
・コッス)は、警察ロボットEDー209を披露する。
f:id:lastseen1013:20140302031609j:plain
しかし、未完成のEDー209は事故を起こしてしまい、
会長はジョーンズを批判して損出を懸念する。

ジョーンズの出世を阻もうとするロバート・モートン(ミゲル・
フェラー)は、開発中の”ロボコップ・プロジェクト”を提案し、
会長から承認を受ける。

モートンに近い重役ドナルド・ジョンソン(フェルトン・ペリー)
は、ジョーンズの恨みを買うことを心配する。

それを全く気にしないモートンは、計画を実行するために
”候補者”を探す。

マーフィとルイスは、極悪強盗一味のリーダー、クラレンス・
ボディッカー(カートウッド・スミス)らを追跡中、彼らに襲われ
てしまう。
f:id:lastseen1013:20120928013248j:plain
そして、マーフィは、ボディッカーらの銃弾を浴び、瀕死の
重傷を負い、病院に運ばれるが死亡する。
f:id:lastseen1013:20140302031619j:plain
f:id:lastseen1013:20080602160751j:plain
それを知ったモートンは、マーフィの身体を利用した、
ロボコップを完成させ、西署に配属させる。
f:id:lastseen1013:20140302032205j:plain
ルイスは、拳銃を扱う仕草などから、ロボコップがマーフィ
ではないかと思い始める。

そして、パトロールを始めたロボコップは、次々と事件を
解決し、街の治安を守るヒーローとして活躍する。
f:id:lastseen1013:20140302031727j:plain
オムニ社の副社長に昇進したモートンは、ロボコップの
配備で、短期間での犯罪撲滅に自信を示す。

得意の絶頂のモートンに対し、ジョーンズは、近い将来、
会社を支配するのは自分だと言って彼に脅しをかける。

その頃、記憶のないロボコップは、過去のことを思い出す
ことが出来なかった。
f:id:lastseen1013:20140302031544j:plain
しかし、ロボコップは、ボディッカー達に襲われた悪夢に
うなされ、一味を倒すべく行動を開始する。

ルイスは、署を出ようとするロボコップに、マーフィかと尋
ねるが、彼は何も言わずに立ち去る。
f:id:lastseen1013:20140302031613j:plain
ガソリンスタンドで、犯罪者を見つけたロボコップは、その
男が一味のエミール・アントノウスキー(ポール・マクレーン)
だと気づく。

ロボコップはエミールに傷を負わせるが、確かな記憶は戻
らない。

警察の情報システムから、ボディッカーら犯人達を割り出
したロボコップは、自分がマーフィだということを知る。

マーフィの自宅住所を調べたロボコップは、売家になって
いたそこで、妻子の記憶が甦る。

あるクラブで、一味のレオン・ナッシュ(レイ・ワイズ)を捕ら
えたロボコップは、ボディッカーの居場所を吐かせる。

その頃、ジョーンズはボディッカーと手を組み、モートンを
爆殺してしまう。

ロボコップは麻薬密造現場でボディッカーを捕らえ、黒幕
がジョーンズだということを知り彼の元に向かう。
f:id:lastseen1013:20140302031839p:plain
しかし、ロボコップは、オムニ社の重役には危害を加えな
いようにプログラムされていた。

EDー209の攻撃に遭い、警察に取り囲まれて攻撃を受け
たロボコップだったが、 ルイスに助けられて製鉄工場に
隠れる。
f:id:lastseen1013:20140302031605j:plainf:id:lastseen1013:20140302031727j:plain
ボディッカーはジョーンズにより釈放され、都市開発の裏
社会を牛耳ることを約束され、ロボコップの位置を確認す
る発信機を受け取り、彼の始末を命ぜられる。

エミールやレオンら手下達を集めたボディッカーは、強力
な武器を持ち、ロボコップを始末するため工場に向かう。

それを迎え撃つロボコップは、ボディッカーの手下を次々
と倒すが、ルイスが銃撃されてしまう。

ボディッカーはロボコップに追い詰められるが、レオンが
彼の頭上から鋼材を落下させる。

ルイスがレオンを倒すものの、ボディッカーはロボコップに
襲い掛かる。

ロボコップは、ボディッカーに胸を刺されながらも彼を倒し、
オムニ社に向かう。
f:id:lastseen1013:20140302031549j:plain
オムニ社の入り口で、待ち構えていたEDー209を破壊した
ロボコップは、会議室に向う。

ロボコップは、ジョーンズを殺人犯だと言って、彼の犯罪の
証拠をモニターに映し出す。

会長を人質に抵抗するジョーンズだったが、彼がクビを言
い渡された瞬間、ロボコップは彼を銃撃する。

そして、会長に名前を聞かれたロボコップは、”マーフィ”と
言い残し、その場を立ち去る。

ニュース

f:id:lastseen1013:20140302035012j:plain

映画「ロボコップ」が、2014年3月14日(金)より日本で公開されることが決定した。

物語の舞台は2028年、巨大企業オムニコープ社がロボット・テクノロジーを支配する世界。アメリカ・デトロイトで愛する家族とともに暮らす勤勉な警官アレックス・マーフィー(ジョエル・キナマン)は、勤務中に重症を負うが、オムニコープ社の最新のロボット技術により“ロボコップ”として新たな命を得る。驚異的な力を身につけたアレックスは、予想をもしなかった問題に直面することになる―。

1987年、全米で公開された「ロボコップ」(ポール・バーホーベン監督)では、殉職した警官がロボット警官「ロボコップ」として新たな命を与えられ、活躍するSFアクション映画であった。その衝撃的な近未来デザインと描写が社会現象となり世界中で大ヒット。その後、続編の「ロボコップ2」(90)や「ロボコップ3」(93)が製作され、後にテレビシリーズやアニメ、アメコミなども製作された。そして、第一作から27年の時を経て続編ではない完全新作として2014年新春、「ロボコップ」が新たに始動する。

今回、主役の“アレックス・マーフィー”(=ロボコップ)を演じるジョエル・キナマンは、スウェーデン出身で、今ハリウッドで高い評価を受けている人気俳優。アメリカのテレビシリーズ「THE KILING~闇に眠る少女」で注目され、その後「ダーケストアワー 消滅」、「デンジャラス・ラン」等のハリウッド映画にも出演、今回「ロボコップ」での大抜擢となった。昨年末には、スウェーデンのアパレル大手“H&M”の秋広告キャンペーンの顔もつとめた。

共演はロボコップの設計者役としてゲイリー・オールドマン、巨大な軍事産業をも擁するメディア王役としてサミュエル・L・ジャクソン、そして鍵となるオムニコープ社のCEO役に、マイケル・キートンといった実力派3大俳優が脇を固める。主人公の妻役を「リミットレス」の新鋭女優アビー・コーニッシュが演じている。

監督はブラジルの新鋭ジョゼ・パジーリャ。2000年にリオで実際に起こったバス・ハイジャック事件を取りあげた「バス174」で監督デビュー。その後、「エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE」は、その年のブラジル映画の国内歴代最高興行記録を樹立した。また新作“ロボコップ”のブラックを基調とするデザインを手掛けたのは、「ターミネーター」シリーズ、「アイアンマン」シリーズ、「パシフィック・リム」など、現在映画界屈指のプロダクトデザインを手がける名門“レガシーエフェクツ”(旧スタン・ウィンストン・スタジオ)が担当している。

映画「ロボコップ」は、2014年3月14日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー。