ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

「ガッチャマン」 あらすじと結末

その力は、正義か、破壊か――
f:id:lastseen1013:20140317015312j:plain

解説

1970年代にタツノコプロが制作した人気テレビアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」を、VFXを駆使して実写化したアクション。地球の危機を救うため石の力を利用して戦うガッチャマンの活躍を描く。リーダーの健に、『ツナグ』などの松坂桃李が抜てきされ、メンバーとして綾野剛、剛力彩芽、濱田龍臣、鈴木亮平が共演。『カイジ』シリーズの佐藤東弥がメガホンを取り、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズなどのVFXを担当する白組が名を連ねる。最新技術で再現されたガッチャマンのガジェットやアクションに期待。

あらすじ

21世紀初頭。謎の侵略者によって、たったの17日間で地球の半分が壊滅的な被害を受ける。侵略者から地球を守るため、“石”という特殊な結晶体の力を引き出せる適合者が集められる。適合者は800万人に1人。施設に集められた適合者は特殊エージェントとしての訓練を受け、石を操る忍者、ガッチャマンとして侵略者と戦うべく立ち上がる。
f:id:lastseen1013:20140317015323j:plain

結末

f:id:lastseen1013:20140317015335j:plain
ISO(国際科学技術庁)の南部博士(岸谷五朗)
は、“大鷲の健”(松坂桃李)、
f:id:lastseen1013:20140317015347j:plain
“コンドルのジョー”(綾野剛)、
f:id:lastseen1013:20140317015407j:plain
“白鳥のジュン”(剛力彩芽)、
f:id:lastseen1013:20140317015437j:plain
“燕の甚平”(濱田龍臣)、
f:id:lastseen1013:20140317015509j:plain
“みみずくの竜”(鈴木亮平)
f:id:lastseen1013:20140317015536j:plain
を招集。幼い頃から特殊訓練を積んできた彼ら科学忍者隊に最後の望みが託される。人類の存亡を賭け、ギャラクターと科学忍者隊との戦いが始まる……。

ギャラクターは、レトロウイルス(ウイルスX)によって人類から進化した生物でありそして、ギャラクターは赤いシールドによって、人類のこれまでの兵器を無力化する。そして、13年が経ち
ヨーロッパが戦場となっていた。無国籍都市と化していた東京の新宿に巨大車輪が出現しISO(国際科学技術庁)の南部博士(岸谷五朗さん)は、ガッチャマンに出動を命じる。
車輪を停止すべくマシン内に潜入したのは、ジュンであった。その間、3人はギャラクターと闘い遅れてやってきたのがコンドルのジョーであった。
「俺が見えるか、悪党ども。実体もなく忍び寄る白い影」、4人は協力してギャラクターを退けることに成功。一方、間一髪、ジュンは巨大車輪を停止させる・・・・。

5年前、健、ジョー、ナオミの3人は、ヨーロッパ戦線で戦っていた。避難民を護送するバスの中で、ジョーはナオミに求婚し健も避難民も祝福する中、爆撃されてしまう。しかし、健の愚かさの為ギャラクターの攻撃に、健の盾となったナオミは命を落としてしまう・・・・。
f:id:lastseen1013:20130915001748j:plain
次なる指令は、ギャラクターから逃亡し亡命を求めるイリヤの保護である。イリヤと接触するために、ヨーロッパ支援のためのパーティ会場に、健とジュンが他人のIDを使用して潜入する。それをハッキングによって支援したのが、甚平であった。
手違いによりジョーがイリヤを殺そうとしてしまう。ナオミの仇を討つためであった・・・・。一瞬の差で健はジョーを昏倒さる。しかし、拘禁されたイリヤはギャラクターの次なる攻勢を語ろうとせずそれどころか、たくみにカークランド博士を誘導する。

イリヤが亡命を偽装した最大の理由が博士だったのだ。カークランド博士は、衛星兵器モスコーンでギャラクターを壊滅させようとしていた。ISOも博士の方針を支持していたが一方、ギャラクターは、モスコーンの通信系を奪取し、逆に人類の主要都市破壊を目論んでいた。



イリヤは簡単に博士を拐取し、甚平を危地に陥れる。甚平を助けたのは竜であった・・・・。一方、イリヤを追ったのはジョーはイリヤと闘うが、ジョーはその時ナオミが生きていたことを知る。ギャラクターの総帥ベルクカッツェとして蘇ったと・・・・

5年前、ナオミは死んだと思われていたが、ベルクカッツェとして蘇っていた。健とジョーにとっては、最大の敵としてナオミが現れる。
ベルクカッツェは、海中から巨大宇宙船を出現させ南部博士は、ガッチャマンの5人にゴッドフェニックスによる出動を命じる。

5人は、ゴッドフェニックスでギャラクターの宇宙船に潜入しバトルが繰り広げられる。カークランド博士は、自らを通信システムの一部にしていた。ニューヨーク、シドニーへの攻撃を次々と阻止したのは、甚平だった。しかし、すべて海中に発射させたが、最後の東京で失敗したのだった。
f:id:lastseen1013:20140317015618j:plain
残された時間は、あと8分・・・・。ジョーは、ギャラクターの宇宙船を衛星に衝突させようとする。健も加勢する。こうして、かつて砂浜で遊んでいた3人が相闘うことになり、ついにナオミを倒すことに成功する。
ラストは5人がゴッドフェニックスで脱出し衛星と宇宙船が大爆発して幕が下りる・・・・。

プロローグ

ジョーは、かつてベルクカッツェと化したナオミとキスをしたことがありウイルスXに感染していたのだ。そしてジョーの目があかく光る・・・・。