読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

「闇金ウシジマくん Season2 」 あらすじと結末

オレたちは犯罪者だ。

でも、誰にも金を借りられない債務者が最後に駆け込むのがここなんだよ。
f:id:lastseen1013:20140406233514j:plain

解説

山田孝之主演の深夜ドラマ「闇金ウシジマくん」Season2の最終回が13日(木)深夜24時58分より放送される。『ビッグコミックスピリッツ』に不定期連載中の真鍋昌平によるコミックを原作とするドラマは、社会の底辺層の暮らしや心理を克明に描いたドラマとして人気を集めている。
ドラマSeason2では、原作の中でも人気エピソードの「ゲイくん」編、「フリーターくん」編、「元ホストくん」編を中心に、各キャラクターを交差させながら全9話のストーリーが進行して行く。
まっとうな金融機関からはもう借りられない「後がない」客に金を貸し、10日で5割という法外な金利をむしり取る闇金カウカウファイナンス。その社長を務めるウシジマ(山田孝之)
のクールな眼差しが捉える群像劇が「闇金ウシジマくん」である1。2010年に公開されたSeason1に引き続き、本作でも社会のクズ達による人間ドラマが描かれる。

闇金ウシジマくん 30 (ビッグコミックス)

闇金ウシジマくん 30 (ビッグコミックス)

あらすじ

35歳にもなって実家に寄生しているフリーターの宇津井(永野宗典)は、パチスロ浸りの日々を送り、ウシジマ
f:id:lastseen1013:20131105143824j:plain
から多額の借金をしていた。実家の資産をあてにしていたものの、母親にも借金が発覚。逆ギレして家を飛び出し、ホームレスとなる。

一方、読モとして成功を夢見る中田(入江甚儀)
f:id:lastseen1013:20140406233258j:plain
は、服を買う金欲しさに麻薬取引に手を染めるようになる。人気読モのパピコ(紗倉まな)
f:id:lastseen1013:20140406233308j:plain
との幸せを手放したくないあまり、ウシジマから借金を重ねてしまう。現状から何とか抜け出したい中田はセレクトショップの立ち上げを計画し、ハブ(南 優)という素性不明の男からも金を借りるのだが・・・
f:id:lastseen1013:20140406233142j:plain

闇金ウシジマくん Season2 Blu-ray BOX

闇金ウシジマくん Season2 Blu-ray BOX

結末

長年、ネットの世界に引きこもり、パチスロで憂さを晴らし、親のすねをかじって
生活し、カウカウファイナンスから借金してはまたパチスロしていた宇津井は、
家を失って初めて現実を直視する。
f:id:lastseen1013:20140406233201j:plain
散々、金づるとしてしか扱っていなかった親を失いそうになって、ボロボロに
なるまで走る。
辿り着いた先にあったのは「生きて働いて返す」という現実だった。


パチスロを辞め、親と自分のために働く。
月15万の老人介護の仕事と夜中のバイト。
身体はきついが生きている実感はある。

朝起きてやることがある生活は素晴らしい
誰かが俺を必要としてくれている生活は素晴らしい。

俺は最近やっと簡単なことに気付いたんだ。
目の前の現実から逃げれば逃げた分だけ居心地の悪い所へ堕ちていく。
問題と向き合う勇気。その面倒を乗り越えられれば少しずつ解決に向かうはずだ。

出会った全ての人に感謝しよう。
ちょっと遅いけど、自分の力で歩いて行こう。
人生をやり直すために。

ショップの開店に失敗した中田(入江甚儀)
f:id:lastseen1013:20140406233217j:plain
をハブ(南優)が拉致。
f:id:lastseen1013:20140406233230j:plain
親友のキミノリ(三澤亮介)は中田を救い出すために、ウシジマ(山田孝之)にある取引を
持ちかける。キミノリが働くショップの裏帳簿を盗み出しそれを買取ってほしいと
いうものだった。
ウシジマは取引の場に戌亥(綾野剛)と柄崎(やべきょうすけ)を向かわせ、中田が
監禁されているマンションに向かう・・・。
f:id:lastseen1013:20140406233243j:plain
f:id:lastseen1013:20130613122156j:plain
結局、中田のために頑張ったキミノリは裏帳簿を盗んだ事で消され、
大きな夢を見過ぎて闇社会に足を突っ込んでいた中田は口封じのために消されてしまう。

友達は命がけで庇ったのにな。


「客には同情しねえ。」主義のウシジマの口から珍しく出た本音。

ラスト

明るい日差しの中、中田をおぶって海まで行こうというキミノリ。

一緒に歩くパピコ。

ウシジマの妄想の世界が写し出され幕。