ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

「 さよなら渓谷」 あらすじと結末

残酷な事件の被害者と加害者。

f:id:lastseen1013:20130522182755j:plain

解説

『悪人』『横道世之介』などの原作者として知られる芥川賞作家・吉田修一の小説を、『まほろ駅前多田便利軒』などの大森立嗣監督が映画化。幼児が殺害された事件をきっかけに暴かれる一組の夫婦の衝撃的な秘密を描きながら、男女の愛と絆を問う。愛と憎しみのはざまで揺れるヒロインの心情を、『ベロニカは死ぬことにした』などの真木よう子がリアルに体現。その夫役には『キャタピラー』などの大西信満がふんするほか、大森監督の実弟である大森南朋をはじめ、井浦新、新井浩文ら実力派が名を連ねる。


f:id:lastseen1013:20140417221702j:plain

あらすじ

都会の喧騒から離れた緑が覆う渓谷で、幼児が殺害され実母が犯人として逮捕されるショッキングな事件が起こる。母親の逮捕により事件は解決したかに見えたが、一件の通報により、この渓谷に住む尾崎俊介(大西信満)がこの母親と不倫関係にあったことがわかり、俊介に共犯の疑いがかけられる。通報したのは俊介の妻・かなこ(真木よう子)であった。取材に当たっていた週刊誌記者の渡辺(大森南朋)は、かなこが俊介を告発したこと、二人が必要最低限の物しか持たず、まるで何かから隠れているかのような生活をしていることにひっかかりを感じる。調べていくうちに、渡辺は二人を結びつけている15年前の罪に行きつく……。
f:id:lastseen1013:20140417221726j:plain

結末

その罪が、15年前に当時大学生で野球の花形選手だった俊介が集団でかなこをレイプしたということなのだ。「かなこ」というのは偽名でレイプ事件の時に一緒にいて逃げた友達の名前で本名は水谷夏見。
f:id:lastseen1013:20140417221744j:plain
夏見は事件のせいで悲惨な人生を送ることになる。婚約者には、レイプがバレ破談に・・・
その後に他の男性と結婚するもその結婚相手には、レイプが問題でDVに発展
入退院をくり返し、ついには離婚・・自殺未遂となってしまう・・・
f:id:lastseen1013:20140417221755j:plain
そんなおりに、俊介と再会を果たす。俊介は事件以来、後悔と罪の意識に苛まれていた。
罪を償いたいと、俊介は夏見に付きまとう。ドSの如しに、俊介にキツく当たる夏見・・・・
それでもドMの如しに付きまとう俊介。徐々に夏見は、そんな俊介に来るなと言いつつも来て欲しいという思いも抱くようになる。当時、俊介は証券マンとして大手で働き恋人もいたが夏見と出会ったことで両方ダメになる・・・
f:id:lastseen1013:20140417221857j:plain

私は誰かに許してほしかった。あの夜の若い自分の軽率な行動を
誰かに許してほしかった・・・
でも、いくら頑張っても、誰も許してくれなかった・・・
私は、私を許してくれる人が欲しかった。



f:id:lastseen1013:20140417222031j:plain
その唯一の人間が、尾崎俊介。彼だけが夏美を責めないというより責められない。そして、二人は共に不幸になるために、一緒に暮らし出す。数年後、二人は不幸では無く、幸せになりつつあった。
そんな、自分たちに終わりを感じたのか?
俊介を許してしまって愛してしまっている、自分が許せないのか?
夏見は、通報するのだ。
f:id:lastseen1013:20140417221912j:plain
逮捕され、もちろん俊介は子供殺しの母親とは不倫関係にもなっていないのだが、これが夏見が望んでいることならば・・・と罪を認めてしまう。だが、夏見は思い直し、嘘の通報をしたといい
俊介は、無実で出所することになる。出所後、事件のことに全く触れることなく何気ない会話をする二人・・・
f:id:lastseen1013:20140417221923j:plain
そして、夏見は俊介の前から姿を消してしまう・・・
このままいたら、幸せになってしまうのが許せないのか?俊介を愛してしまった自分が許せないのか?集団レイプの被害者女性と加害者の間に、愛情は産まれるのか?
夏見失踪後も、夏美を必ず見つけ出すという俊介。それは、許されたいからではない・・
愛しているからなのだ
f:id:lastseen1013:20140302002936j:plain