読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

「タッチ」 あらすじと結末

いつまでもこのままでいたいのに・・・
f:id:lastseen1013:20140429042418j:plain

解説

あだち充の漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)に1981年から1986年まで連載された。高校野球を題材に、双子の兄弟である上杉達也・和也と幼馴染のヒロイン浅倉南の3人を軸にした恋愛を絡めて描いている。 テレビアニメ、劇場用アニメとしてアニメ化もされ、実写のテレビドラマや映画も製作されたあだち充の最大のヒット作である。

あらすじ

上杉和也は一卵性双生児。スポーツにも勉強にも真剣に取り組む弟の和也に対して、何事にもいい加減な兄の達也。そして隣に住む同い年の浅倉南。3人は小さい時から一緒に行動している、いわば幼馴染だった。そしてお互いがお互いを異性として意識し始める。物語のスタート時、3人は中学3年生である。3人は微妙な三角関係のまま同じ高校へ進む。「甲子園に連れて行って」という南の夢を叶えるため1年生でありながら野球部のエースとして活躍する和也だったが、地区予選決勝に向かう途中に交通事故死。
f:id:lastseen1013:20140429050516j:plain
そして達也は和也の「南の夢を叶える」という夢を継ぐために野球部に入るが、キャッチャーの松平に嫌われ相手にしてもらえなかった。しかし、浅倉南や周りにチームメイトに相手にするよう強く勧められ遂に松平と達也はバッテリーを組む。
f:id:lastseen1013:20140429050538j:plain
達也たちは2年生になった。達也は勢南高校の西村と須見工の新田と知り合いライバル意識を持つ。彼らとは野球においてのライバル意識のほか浅倉南に共通して恋愛感情を抱き4人の間で四角関係が築かれていた。西村はピッチャーで持ち球のカーブを駆使し甲子園出場を期待されていた。一方新田のポジションはサードで地区最強の打者だった。彼がいる限り須見工の甲子園出場は間違いなしと周囲で騒がれていた。2年生の甲子園の地方予選では西村が所属する勢南高校と対戦して延長戦の末敗れた。



達也たちは3年生となった。その頃、野球部の監督が病気で入院して明青学園の校長は同校OBの柏葉英一郎に監督代行を任せようとする。しかし英一郎は海外出張中であった。その時明青学園野球部に恨みを持つ柏葉英二郎がこのことを知り英一郎の自宅に侵入、明青学園の校長から英一郎宛の電話を受ける。英一郎になりすました英二郎は野球部の監督代行として部員を指導し始め、野球部員全員を疲労させ選手生命を断ち、恨みを晴らそうとした。しかし一人も野球部を去ることなく夏の甲子園の地方予選を迎える。達也はライバル意識を持つ新田に勝ち南を甲子園に連れていく強い意志を持っていて、英二郎の過酷な指導に屈することはなかった。
f:id:lastseen1013:20120509174228j:plain
達也と南にとって高校生活最後の夏を迎える。地方大会初戦で柏葉英二郎は控え選手を先発ピッチャーに起用して明青学園を1回戦で敗退させようとした。しかしチームの結束力は固く失点を打撃でカバーし1回戦を突破した。そして、いよいよ甲子園出場をかけて決勝戦に挑む明青学園。対戦相手は新田の所属する須見工だった。試合は延長に入り、明青は10回表に1点勝ち越し裏の守りにつく。
f:id:lastseen1013:20140429050317j:plain
そして、2アウト2塁でバッターは強打者の新田。新田はその前の打席でホームランを打っており観客も須見工の監督もこの場面では新田を敬遠するだろう、と思っていた。
f:id:lastseen1013:20140429045931j:plain
しかし上杉達也は自分の力を最大限に引き出してくれるのは新田しかいないと考え、敬遠せず勝負する。新田はファウルで粘る。その力は互角、見ている人すべてが息をこらして勝負の行方を見ていた。その結果新田は三振、達也は南と共に甲子園に行くことができた。
f:id:lastseen1013:20140429045913j:plainf:id:lastseen1013:20140429045920j:plain

結末

甲子園出場が決まった次の日、目の手術のため病院に入院していた
柏葉監督代行の所に達也と南が見舞いに来ます。
そこで達也は「リンゴです」と言って手術のために目に包帯を巻いて目の見えない柏葉監督に須見工戦(予選決勝)のウィニングボールを渡します。
f:id:lastseen1013:20140429045945j:plain
その後、復帰した西尾監督共に甲子園へ乗り込む明青学園野球部。
甲子園の開会式と南の新体操のインターハイの日にちが偶然にも
同じ日だったため、南は孝太郎に二日目以降の試合を初戦に
引くように頼みます

孝太郎は見事三日目第二試合を引き当てるも相手は
夏・春連覇を果たし甲子園で須見工を破った『光北学園』
甲子園出場がゴールだった達也は周りには「早く開放されがっている」と
言われながらも胸に不安の抱えながら甲子園開会式の日を迎えます

一方の南はインターハイ当日にプレッシャーで精神心的に不安定になり
会場まで応援に来た新田・原田の前から走って外へ逃げます。
その時、商品とて置いてあったテレビで甲子園の開会式を目にします
入場する明青野球部でしたが達也の姿が見つかりませんでした。
予想外の事態に驚く南でしたが、そのとき後ろから突然達也が現れ
南を抱きしめます。
f:id:lastseen1013:20140429050000j:plain
その次の話の最初で河川敷に移動した二人。
そこで達也は「スタートラインの確認だよ」と言ってその後に
f:id:lastseen1013:20140429050013j:plain
南に『毎年和也の墓参りにつきあうこと』を約束してもらいます。
f:id:lastseen1013:20140429050042j:plain
次の最終回では場面は秋に飛び、受験生となった達也と南は
毎日勉強に追われていました。達也が図書館へ勉強しに行くときに
孝太郎と偶然会い、一緒に図書館に向かいますが
その途中に新田・西村といった主要キャラが登場します。
その後、『南風』で南が父に『インターハイ 個人総合優勝 浅倉 南』
と書かれた新聞の記事の切り取りを恥ずかしいから外してくれと
頼みますが断られます。
そして、最後に達也の母が達也と和也の部屋を掃除する場面になり
父に呼ばれ部屋から出ます、そして誰も居なくなった部屋
二段ベット、窓辺におちた葉、和也の写真とコマが移り
最後に『第68回 全国高校野球選手権 優勝』と書かれた皿が
書かれている所で終わり。
f:id:lastseen1013:20140429050052j:plain