読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

母さん、なんで僕を生んだのですか?あの男の血をひく僕を――。「共喰い」 結末

f:id:lastseen1013:20141124002424j:plain

 

解説

 小説家・田中慎弥による人間の暴力と性を描いた芥川賞受賞作を、『サッド ヴァケイション』『東京公園』などの青山真治が映画化した人間ドラマ。昭和の終わりの田舎町を舞台に、乱暴なセックスにふける父への嫌悪感と自分がその息子であることに恐怖する男子高校生の葛藤を映し出す。主演は、『仮面ライダーW(ダブル)』シリーズや『王様とボク』の菅田将暉。名バイプレイヤーとして数々の作品に出演する光石研と田中裕子が脇を固める。閉塞感漂う物語がどう料理されるか、青山監督の手腕に期待。

f:id:lastseen1013:20141124002434j:plain

 

あらすじ

昭和63年夏。高校2年生の遠馬(菅田将暉)は父親とその愛人・琴子とともに山口県下関市に暮らしていた。

f:id:lastseen1013:20141124002447j:plain

母親の仁子は川を挟んだ向こう側で魚屋を営んでおり、遠馬は時々仁子に魚をさばいてもらいに行っていた。

f:id:lastseen1013:20141124002533j:plain

日ごろから父親と琴子の情事を目にしている遠馬は、性交の際に父親が女に暴力をふるうことを忌み嫌っていたが、幼なじみの千種と暴力的なセックスをしてしまい、自分にも父親の血が流れていることに愕然とする。千種とはそのことが原因で関係が悪化してしまう。

f:id:lastseen1013:20141124002504j:plain

台風が近づいてきて町中が水浸しになる中、琴子は身重の身でありながら家出する。父親が憤怒しながら琴子を探していると、遠馬と仲直りしようと神社で待ちわびる千種を見つける……。

 

結末

f:id:lastseen1013:20141124002516j:plain

負傷した千種の姿を見て、遠馬は激昂する。そして、父を殺害しようと思いたつ。だが、仁子に制され、「うちが最初に、なんとかしとくべきじゃった」と仁子は言い、父・円(まどか)のもとに向かった。仁子が刃物で父親を殺害する現場を見た遠馬。翌日、仁子は逮捕された。
 面会が許された日、遠馬は母親に会いに行く。