ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

バイストン・ウェルの物語を、覚えている者は幸せである。『聖戦士ダンバイン』あらすじと結末

f:id:lastseen1013:20180312225453j:plain

概要

 

バイストン・ウェルの物語を、覚えている者は幸せである。心豊かであろうから。

『聖戦士ダンバイン』は、1983年2月5日から1984年1月21日まで名古屋テレビ系で全49話が放映された。 監督は富野由悠季。先年から発表されていた宮﨑駿の風の谷のナウシカからの影響と富野監督ならではの作風が合わさり「現代日本人が中世ヨーロッパ風の異世界に召喚される」という90年代に大流行したプロットを80年代にして世に問うた非常に先駆的な作品である。

また、後年に同様の作品が多数生み出された「中世ヨーロッパ風の世界で巨大人型ロボットが戦う」というプロットも本作が端緒である。

富野監督は、この作品で舞台となった異世界「バイストン・ウェル」に対して、善きにせよ悪しきにせよ特別な感情を抱いているらしく、『リーンの翼』など他の作品にもたびたび登場している。

dic.pixiv.net

主題歌

 Aura Battler Dunbine 

あらすじ

 “バイストン・ウェル”は海と地の接する間にある異世界である。深海を空に、地熱と人の“オーラ力(ちから)”を源に、妖精フェラリオや闇のカ・オスまでもが共存する世界である。
“ア”の国の地方領主ドレイク・ルフトは、戦力増強を図り、優れたオーラ力を持つ地上人を呼び込もうとしていた。 そのひとり、ショウ・ザマは、オーラバトラー・ダンバインを与えられ、聖戦士と遇されることになる。だが、反逆者ニー・ギブンと彼に従う地上人の少女マーベル・フローズンに出会った時、ショウは不可解な言葉を投げつけられる。「何も知らずドレイクに手を貸す馬鹿な男」。 やがて“バイストン・ウェル”での争いは、地上界をも巻き込む巨大な戦雲となっていく。

 

www.sunrise-inc.co.jp

結末

 

f:id:lastseen1013:20180312224818j:plain

ゲア・ガリングとゴラオンは堕ちた。 そのさ中、ミュージィはドレイク殺害を企てるが、失敗し逆に捕らえられてしまった。

ニーとキーンの二人は、ボチューンでウィル・ウィプスのブリッジを攻撃。動揺し焦ったドレイクは、すぐに別のブリッジへと避難する。その隙をついて、捕らえられたミュージィはブブリィで脱出。

目の前にいたキーンを撃墜して飛び去っていった。 マーベルはダンバインと共にスプリガンを攻撃。ショウ、マーベル、チャムの3人のオーラ力が光の玉へと変化し、スプリガンへ突撃する。

それを阻止しようとミュージィが間に割り込むが、そのままミュージィもろともスプリガンを撃破する。 だが、マーベルも今の攻撃により致命傷を負ってしまった。それをショウに悟られないようにショウを送りだした後、ダンバインと共にマーベルは爆発しここで息絶えてしまう。

ショウはドレイクの元を目指していたが、あと一歩のところで黒騎士(バーン)に行く手を阻まれていた。 それと同時に、シーラはウィルウィプスへグラン・ガランによる突撃を開始する。

ドレイクはシーラのその覚悟が本気だと悟り、自分の無事を考え脱出。それをオーラ力で察知したチャムはニーに伝え、ニーは見事ドレイクを撃破した。だが、その直後にドレイク軍のオーラバトラーによる集中砲火でニーは撃墜されてしまった。

そしてグラン・ガランの突撃の衝撃でチャムは吹き飛ばされ、海へと落ちた。 その頃、ショウと黒騎士は戦闘を続けていた。黒騎士はその仮面を脱ぎ捨て、バーンとして戦っていた。 二人の戦いは壮絶を極めた。

最後はお互いのコックピットがむき出しになり、お互いコックピットから飛び出し剣を抜く。

f:id:lastseen1013:20180312230318j:plain

 

そしてお互いの体を刺し貫くのであった。

f:id:lastseen1013:20180312230351j:plain

f:id:lastseen1013:20180312230452j:plain

 

これにより、地上からすべての怨念が去り、シーラによる浄化が行われた。

f:id:lastseen1013:20180312230642j:plain

オーラ力がその場に広がり、残った全てのオーラバトラーを包み消滅した。

全ての戦いが終わり、海面を漂っていたチャムは軍により保護された。 チャムは軍の手厚い治療を受けながら、バイストン・ウェルの事を語りだした。

 

その話が終わった後、チャムはどこかへ飛び立つ。

f:id:lastseen1013:20180312230826j:plain

バイストン・ウェルの物語が無事受け継がれていくことを祈って・・・。

バイストン・ウェルの物語を憶えている者は、幸せである。心、豊かであろうから… 私達は、バイストン・ウェルの記憶を記されてこの世に生まれてきたにもかかわらず、 思い出すことのできない、性を持たされたから… それ故に、ミ・フェラリオの語る、次の物語を伝えよう…

middle-edge.jp