ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

漫画 

帝拳高校にとんでもない奴がやってきた! 漫画「ろくでなしブルース」あらすじと結末

今回は気になった漫画「ろくでなしブルース」のラストシーン(結末)を調べてみました。 概要 『ろくでなしBLUES』(ろくでなしブルース)は、森田まさのりによる日本の少年漫画作品。またそれを原作にしたアニメ、実写映画。1988年25号から1997年10号まで『…

ここは地獄の一丁目。「エリア88」 あらすじと結末

解説 本作は小学館の漫画雑誌「マンガくん」が「少年ビッグコミック」に誌名変更される際の新連載作品の一作であり、1979年から1986年までの8年間にわたり連載された。精緻なメカ描写や、リアリティのある舞台設定、空軍基地エリア88の一癖ある傭兵たちが交…

「タッチ」 あらすじと結末

いつまでもこのままでいたいのに・・・ 解説 あだち充の漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館)に1981年から1986年まで連載された。高校野球を題材に、双子の兄弟である上杉達也・和也と幼馴染のヒロイン浅倉南の3人を軸にした恋愛を絡めて描いている。 …

高校野球をテーマとした長編野球漫画「H2」 結末

解説 あだち充の少年漫画作品。週刊少年漫画雑誌『週刊少年サンデー』に、1992年32号から1999年50号まで連載された。高校野球をテーマとした長編野球漫画。2人の野球少年と2人のヒロインの、野球にかける青春と恋を描く。

全人類必読!!!「寄生獣」 結末

あらすじ ある日、空から多数の正体不明の生物が飛来した。その生物は人間の脳に侵入・寄生して全身を支配し、他の人間を捕食するという性質を持っていた。寄生後も見た目は人間そのものであった彼ら「パラサイト」は、 高い学習能力から急速に知識や言葉を…

少年コンビが漫画家を目指していく道のりを描く「バクマン」 ラストシーン

あらすじ 中学3年生の真城最高(ましろ もりたか)は、高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの日々を送っていた。最高の叔父は、かつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家川口たろうであった…

マリンブルーの波間に見える、キラめくような青春「ラフ」 ラストシーン

解説 1987年17号から1989年40号まで『週刊少年サンデー』にて連載。コミックスは全12巻、ワイド版は全6巻、文庫版全7巻、My First WIDE版全4巻。作品中に登場するプール棟や飛び込み台などは取材先の埼玉栄高等学校のものを基に作画されている。また、主人公…

「 SLAM DANK -あれから10日後-」

10 DAYS AFTER あれから10日後。。。 「冬の選抜では何としてもインターハイの時より目立って 大学の推薦をとらねーとな」 「赤木と違って学力ではノーチャンスだからな。。。」 「ふしゅ~」 「Lesson1 Repeat after me」 「Yo,what's up man」 「バスケ…

高校では終われない、君へ。「SLAM DUNK」 ラストシーン

あらすじ 湘北高校に入学した赤い髪の不良少年である桜木花道は、背の高さと身体能力からバスケットボール部主将の妹である赤木晴子にバスケット部への入部を薦められる。晴子に一目惚れした初心者の花道は彼女目当てに入部するも、練習や試合を通じて徐々に…

青春ボクシングストーリー 「KATSU! 」

あらすじ 里山活樹と川上京太はふとしたことから、同じクラスの美女・水谷香月が大変なボクシングのテクニックを持っていることを知る。そして、彼女の父がボクシングジムを経営していることも知った。二人は香月に近づきたい一心で、ジムに入会。ところが香…

ちょっぴりせつない 四つ葉の野球青春ストーリー 「クロスゲーム」  最終話

あだち充の青春を描く野球漫画 「クロスゲーム」 最終話 解説 主人公・樹多村光と、その幼馴染である月島家の四姉妹、長女の一葉、次女の若葉、三女の青葉、四女の紅葉を通しての青春を描く野球漫画。第一部「若葉の季節」は小学生時代、第二部は中学生時代…

「冒険」「努力」「バトル」「友情」などを描いた長編漫画 「ドラゴンボール」 ラストシーン

魔人ブウとの激闘を終えた孫悟空、ベジータ達は再び天下一武道大会に参加します。そこには善良ブウやピッコロ、クリリン達ももちろん参加、そうそうちょっと頭の禿げ上がった司会者さんとの出会いもありました。そして孫悟空の決勝トーナメント1回戦の相手…

少年剣士の成長をライバルとの関係を軸に描く 「六三四の剣」 ラストシーン

六三四は、インターハイ決勝戦で宿命のライバル・東堂修羅と対戦。 1-1で迎えた三本目、修羅の必殺技「切り落とし」を「上段片手打ち面」で破り、優勝。・・・数日後、六三四は修羅に手紙を書く。それは、これまでの闘いや、これからの未来について書かれ…