ラストシーンが知りたい

漫画、アニメ、ドラマ、映画などさまざまなラストシーンをかき集めまとめる完全ネタバレサイト

「ハンコック」あらすじと結末

f:id:lastseen1013:20080711183320j:plain

 

スタッフキャスト

 

監督ピーター・バーグ

脚本ビンセント・ノービンス・ギリガン

製作総指揮イアン・ブライス

ジョナサン・モストウ

ウィル・スミスジョン・ハンコック

シャーリーズ・セロンメアリー・エンブリー

ジェイソン・ベイトマンレイ・エンブリー

ジェイ・ヘッドアーロン・エンブリー

エディ・マーサンレッド

ハンコック 予告編

 

あらすじ

 

f:id:lastseen1013:20190128235145j:plain

 

強大な力を持つヒーロー、ハンコック(ウィル・スミス)だが、酒好きでキレやすく市民には歓迎されていない。ある日、事故を防ぐために電車をエルボーで止めたハンコック。このときに助けられたPRマンのレイ(ジェイソン・ベイツマン)は、嫌われ者のハンコックに真のヒーローになってもらうべくさまざまな戦略を練るが……。

 

数々の訴訟を起こされていたハンコックをレイの提案で刑務所へ収監させるとしばらくして、ハンコックが居なくなったロサンゼルスでは犯罪発生率が上昇。世間はハンコックの必要性を考え始め、ハンコックの元には警察署長から救援の要請が入る。レイが用意したコスチュームを着て現場に到着したハンコックは銀行強盗犯のケネス・“レッド”・パーカーを捕まえ、人質を救出。ハンコックは市民に拍手をもって迎えられた。

ハンコックはレイとその妻メアリーとのディナーの中で、80年前から記憶が無いこと、ポケットに残っていた『フランケンシュタイン (1931年の映画)』のチケット二枚とチューインガムを大切にしていることを語るが、それを聞くとメアリーは不意に涙を流す。レイの家に戻ったハンコックはメアリーに惹かれ、キスをしようとするがメアリーは怪力でハンコックを吹き飛ばす。メアリーに問いただすと、自分達は遙か昔から存在していたこと、同じ力を持った者は他にいたが今では自分達だけであること、元は夫婦であったことを明かされる。

 

結末

 

f:id:lastseen1013:20190128235553p:plain

お互いに接近すると能力が消滅するため、あえてメアリーはハンコックの前から姿を消して、前妻を失って途方に暮れていたレイと結婚したのだった。真実を知ったハンコックは、恨みながらもメアリーを求める。そのとき、彼の再生能力は消滅していた。凶弾に倒れ、病院に収容されるハンコック。その病院に、ハンコックによって投獄された恨みを持つギャングたちが報復に現れた。見舞いに来たメアリーは、ハンコックを救うための楯となった。死の淵をさまようメアリーを見て、ハンコックの最後の怒りが爆発した。再び超人能力を取り戻したハンコックは、ギャングたちを壊滅させる。同時に、メアリーも息を吹き返していた。レイとメアリーの幸福な家庭は復活する。そしてハンコックは、今日もどこかで正義のための闘いを続けている。

f:id:lastseen1013:20190128235811p:plain